アプリを削除する

アプリのバージョンが古くなった場合など、Firebase プロジェクトからアプリを削除することを検討する場合は、アプリの削除によって生じる結果と Firebase プロジェクトへの影響について理解しておく必要があります。状況によっては、アプリを削除せず、別の方法で対処することもできます。

アプリの削除は恒久的な操作です。後から、この操作を取り消すことはできません。アプリの削除によって生じる結果を本当に理解しているかどうか、必ずご確認ください。

アプリを削除すると、Firebase プロジェクトに次のような影響があります。

  • アナリティクスから送信される該当アプリのデータは、処理されなくなります。すでに処理済みの過去のデータは、引き続き保持されます。Firebase プロジェクトにリンクされている他のアプリのアナリティクス データは影響を受けません。
  • 対応する API キーや OAuth クライアントは、削除されません。API キーや OAuth クライアントは、Google API コンソールの認証情報ページで削除できます。ただし、これらのリソースを削除すると、インストールされているアプリが破壊され、ユーザーは認証やログインができなくなります。
  • アプリが Google Play、AdMob、BigQuery にリンクされている場合、アプリを削除すると、リンクも解除されます。

アプリのアナリティクス データは引き続き処理したいが、OAuth クライアントを削除して、別のプロジェクトで同じ SHA-1 およびパッケージ名を登録したいという場合は、アプリを削除する代わりに、プロジェクトの設定でアプリの SHA-1 を削除することができます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。