検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

BigQuery Export スキーマ

この記事では、BigQuery にエクスポートする Firebase 向け Google アナリティクスのデータの形式とスキーマについて説明します。

データセット

BigQuery の統合が有効化されている Firebase アプリに、データセットが追加されます。名前にはパッケージ名またはバンドル ID が使用されます。

テーブル

エクスポートされたデータは、各データセットに「テーブル」として格納されます。同じ日にエクスポートされたデータは 1 つのテーブルにまとめられ、「app_events_YYYYMMDD」という形式のテーブル名が付きます(日次テーブル)。これに加えて、1 日の途中で発生したイベントを格納したテーブルもインポートされます。このタイプのテーブルには「app_events_intraday_YYYYMMDD」という形式の名前が付き、収集されたイベントのデータがリアルタイムで追加されていきます(当日テーブル)。

テーブル内の各行は、Firebase SDK によってアップロードされたイベントのバンドルに対応しています。

テーブル内には次のような列があります。

user_dim

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           
項目名 データ型 説明
user_dim RECORD ユーザー ディメンションの記録。
user_dim.user_id STRING setUserId API で設定したユーザー ID。
user_dim.first_open_timestamp_micros INTEGER ユーザーがアプリを始めて起動した時間(マイクロ秒単位)。
user_dim.user_properties RECORD setUserProperty API で設定したユーザー プロパティの繰り返し記録。
user_dim.user_properties.key STRING ユーザー プロパティ名。
user_dim.user_properties.value RECORD ユーザー プロパティに関する情報の記録。
user_dim.user_properties.value.value RECORD ユーザー プロパティの値の記録。
user_dim.user_properties.value.value.string_value STRING ユーザー プロパティの文字列値。
user_dim.user_properties.value.value.int_value INTEGER ユーザー プロパティの整数値。
user_dim.user_properties.value.value.double_value FLOAT ユーザー プロパティの double 値。
user_dim.user_properties.value.set_timestamp_usec INTEGER ユーザー プロパティを最後に設定した時間(マイクロ秒単位)。
user_dim.user_properties.value.index INTEGER ユーザー プロパティのインデックス(0~24)。
user_dim.device_info RECORD 端末情報の記録。
user_dim.device_info.device_category STRING 端末のカテゴリ(モバイル、タブレット、パソコン)。
user_dim.device_info.mobile_brand_name STRING 端末のブランド名。
user_dim.device_info.mobile_model_name STRING 端末のモデル名。
user_dim.device_info.mobile_marketing_name STRING 端末の製品名。
user_dim.device_info.device_model STRING 端末のモデル。
user_dim.device_info.platform_version STRING OS バージョン。
user_dim.device_info.device_id STRING IDFV(IDFA がない場合のみ表示されます)。
user_dim.device_info.resettable_device_id STRING 広告の ID または IDFA。
user_dim.device_info.user_default_language STRING OS の言語。
user_dim.device_info.device_time_zone_offset_seconds INTEGER GMT からのオフセット(秒単位)。
user_dim.device_info.limited_ad_tracking BOOLEAN 端末の Limit Ad Tracking 設定。
user_dim.geo_info RECORD ユーザーの地域情報の記録。
user_dim.geo_info.continent STRING IP アドレスに基づく、イベントのレポート元の大陸。
user_dim.geo_info.country STRING IP アドレスに基づく、イベントのレポート元の国。
user_dim.geo_info.region STRING IP アドレスに基づく、イベントのレポート元の地域。
user_dim.geo_info.city STRING IP アドレスに基づく、イベントのレポート元の市区町村。
user_dim.app_info RECORD アプリ上の情報の記録。
user_dim.app_info.app_version STRING アプリの versionName(Android)またはバージョン番号。
user_dim.app_info.app_instance_id STRING アプリのインスタンスの一意の ID。
user_dim.app_info.app_store STRING アプリをインストールしたストア。
user_dim.app_info.app_platform STRING アプリを実行しているプラットフォーム。
user_dim.traffic_source RECORD 該当ユーザーを獲得したマーケティング キャンペーンについての情報を格納するレコード。このフィールドは当日テーブルでは使用されません。
user_dim.traffic_source.user_acquired_campaign STRING 該当ユーザーを獲得したマーケティング キャンペーンの名前。このフィールドは当日テーブルでは使用されません。
user_dim.traffic_source.user_acquired_source STRING 該当ユーザーを獲得したネットワークの名前。このフィールドは当日テーブルでは使用されません。
user_dim.traffic_source.user_acquired_campaign STRING 該当ユーザーを獲得したマーケティング キャンペーンの名前。このフィールドは当日テーブルでは使用されません。
user_dim.bundle_info RECORD イベントのアップロード先バンドルに関する情報の記録。
user_dim.bundle_info.bundle_sequence_id INTEGER イベントのアップロード先バンドルの連続 ID。
user_dim.ltv_info RECORD このユーザーのライフタイム バリューについての情報を格納するレコード。このフィールドは当日テーブルでは使用されません。
user_dim.ltv_info.revenue FLOAT このユーザーのライフタイム バリュー(収益)。このフィールドは当日テーブルでは使用されません。
user_dim.ltv_info.currency STRING このユーザーのライフタイム バリュー(通貨)。このフィールドは当日テーブルでは使用されません。
 

event_dim

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           
項目名 データ型 説明
event_dim RECORD このバンドル内のイベントに関する情報を格納する繰り返しレコード。
event_dim.date STRING このイベントが記録された日付(アプリの登録タイムゾーンにおける日付を YYYYMMDD 形式で示したもの)。
event_dim.name STRING イベント名。
event_dim.params RECORD イベントに関連するパラメータの繰り返し記録。
event_dim.params.key STRING イベント パラメータのキー。
event_dim.params.value RECORD イベント パラメータ値の記録。
event_dim.params.value.string_value STRING イベント パラメータの文字列値。
event_dim.params.value.int_value INTEGER イベント パラメータの整数値。
event_dim.params.value.double_value FLOAT イベント パラメータの double 値。
event_dim.timestamp_micros INTEGER 該当クライアントでこのイベントが記録された時刻(ミリ秒単位、UTC)。
event_dim.previous_timestamp_micros INTEGER 該当クライアントで前回このイベントが記録された時刻(ミリ秒単位、UTC)。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。