全般設定

プロジェクトに接続しているアプリに関する情報の表示

[全般] 設定ページには、プロジェクトとプロジェクト内のアプリの概要が含まれています。このページでは一般的なタスクを行うこともできます。たとえば、アプリを追加したり、既存のアプリの設定を変更したり、iOS アプリ用の GoogleService-Info.plist ファイルを取得したり、Android アプリ用の google-services.json ファイルを取得したりできます。

この記事の内容:

プロジェクト

プロジェクト カードには、プロジェクトの名前(プロジェクト メンバーにのみ表示されます)とプロジェクトの公開名が表示されます。公開名は、プロジェクトのパブリック インスタンスが表示されるときにユーザーに示される名前です。たとえば、ユーザーがアプリでアカウントを作成した後に受信するメールに表示される名前です。

プロジェクトの公開名を編集するには:

  1. 公開名の横の をクリックします。
  2. 新しい公開名を入力します。
  3. [保存] をクリックします。

アプリ

アプリカードには、Firebase プロジェクト内のすべてのアプリの Android パッケージ名と iOS バンドル ID のリストが表示されます。このカードを使用して、新しいアプリを追加したり、既存のアプリの設定を変更したりできます。

アプリを追加する

アプリカードを使用してプロジェクトにアプリを追加できます。アプリを追加するには、[アプリを追加] をクリックし、設定手順に沿って操作します。

設定ファイルをダウンロードする

Firebase をアプリに追加した後に設定ファイルが必要になった場合は、[アプリ] カードからプロジェクトのアプリの設定ファイルをダウンロードできます。たとえば、新しい環境を設定している場合や、アプリを作成したオリジナル メンバーではない場合にこの操作を行う必要があります。

iOS アプリ用の設定ファイルをダウンロードするには:

  1. 設定ファイルが必要なアプリのバンドル ID をリストから選択します。
  2. [GoogleService-Info.plist] をクリックします。

Android アプリ用の設定ファイルをダウンロードするには:

  1. 設定ファイルが必要なアプリのパッケージ名をリストから選択します。
  2. [google-services.json] をクリックします。

SHA-1 フィンガープリントを追加する

Android アプリ用の SHA-1 フィンガープリントを最初に提供していなかったり、追加したりする必要がある場合は、[アプリ] カードで指定できます。手順は次のとおりです。

  1. SHA-1 を追加する Android アプリのパッケージ名を選択します。
  2. [SHA1 を追加] をクリックします。
  3. SHA-1 フィンガープリントを貼り付けて [保存] をクリックします。

App Store ID またはチーム ID を追加する

iOS アプリ用の App Store ID またはチーム ID を最初に提供していなかったり、変更したりする必要がある場合は、[アプリ] カードで指定できます。手順は次のとおりです。

  1. App Store ID またはチーム ID を追加する iOS アプリのバンドル ID を選択します。
  2. App Store ID またはチーム ID の横の をクリックします。
  3. 新しい ID を入力して [保存] をクリックします。

プロジェクトを完全に削除する

プロジェクトを完全に削除すると、元に戻すことはできません。プロジェクトを削除すると、即座に次の状態になります。

  • 課金とトラフィック処理が停止します
  • プロジェクトのアプリを含むプロジェクト全体にアクセスできなくなります

プロジェクトを完全に削除するには:

  1. [全般] 設定ページ下部の [プロジェクトを削除] をクリックします。
  2. ダイアログでプロジェクトの ID を入力します。
  3. [プロジェクトを完全に削除] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。