BigQuery を Firebase にリンクする

Firebase を BigQuery にリンクすると、次のことが可能になります。

  • BigQuery SQL を使用した独自のクエリで、元データを分析する。
  • データをエクスポートして独自のツールで使用する。

BigQuery に Firebase をリンクすると、Google アナリティクス(A/B Testing と Dynamic Links のデータを含む)、Crashlytics、Cloud Messaging、Performance Monitoring のデータを 1 日単位でエクスポートし、対応する BigQuery データセットに渡すよう選択できます。

データセットに対してクエリを実行したり、データをエクスポートしたり、外部データと結合したりして、カスタム分析を行うことが可能です。

この記事の内容:

BigQuery Export について

データを BigQuery にエクスポートすると、そのデータの所有者になり、BigQuery ACL を使用して、プロジェクトとデータセットの権限を管理できます。

Google アナリティクスCrashlyticsCloud MessagingPerformance Monitoring のデータは、BigQuery サンドボックスに無料でエクスポートできます(サンドボックスの制限が適用されます)。

BigQuery サンドボックスとの統合によって、以下にアクセスできるようになります。

  • Google アナリティクスのデータ
  • Crashlytics の致命的なクラッシュ イベントと致命的でないクラッシュ イベント、およびスタック トレースからの詳細
  • Cloud Messaging の詳細なデータ
  • キャプチャされた各パフォーマンス モニタリング イベントの詳細

サンドボックスからのアップグレードBigQuery の料金についての詳細をご覧ください。

Firebase においては、BigQuery へのデータのエクスポートではアプリのプロパティのみがサポートされます。ウェブとアプリの両方のプロパティを対象として BigQuery にデータをエクスポートする場合は、GA4 でエクスポートを設定します

Firebase プロジェクトとそのアプリを BigQuery にリンクするには:

  1. Firebase にログインします。
  2. 設定アイコン をクリックし、[プロジェクトの設定] を選択します。
  3. [プロジェクトの設定] ページで [統合] タブをクリックします。
  4. BigQuery カードで、[リンク] をクリックします。
  • BigQuery では、データの保存、ストリーミング挿入、データのクエリは有料ですが、データの読み込みとエクスポートは無料です。
  • Google アナリティクス データの BigQuery へのエクスポートは、1 日あたり 100 万イベントに制限されています。イベントのフィルタリングを使用すると、エクスポートするイベントの数を制限できます。詳細については、データのフィルタリングをご覧ください。Google アナリティクス 360 のユーザーである場合は、制限はありません。
  • プロジェクト内のアプリはすべてデフォルトで BigQuery にリンクされ、プロジェクトに後から追加したアプリもすべて BigQuery に自動的にリンクされます。データを送信するアプリを管理することもできます。
  • Google アナリティクス、Performance Monitoring、Cloud Messaging で BigQuery へのエクスポートを有効にするには、データセットのリージョンを選択します。データセットの作成後はロケーションを変更できませんが、データセットを別のロケーションにコピーするか、データセットを別のロケーションに手動で移動(再作成)することはできます。
  • プロジェクトを BigQuery にリンクすると、1 日分のイベントが初めてエクスポートされたときに、関連付けられている BigQuery プロジェクトに、対応するデータセットが作成されます。その後、リンクされているアプリの元のイベントデータは、日が変わるたびにそのデータセットの新しいテーブルに入力され、その日の BigQuery テーブルにもリアルタイムでストリーミングされます。BigQuery にリンクする前のデータはインポートできません(Performance Monitoring のデータは除く)。デフォルトでは、Google アナリティクス 4 プロパティのウェブデータもすべてエクスポートされます。

BigQuery にデータを送信するアプリを管理する

BigQuery にデータを送信するリンク済みプロジェクトのアプリを管理するには:

  1. Firebase にログインします。
  2. 設定アイコン をクリックし、[プロジェクトの設定] を選択します。
  3. [プロジェクトの設定] ページで [統合] タブをクリックします。
  4. BigQuery カードで、[管理] をクリックします。
  5. 商品カードそれぞれで、アプリの横の切り替えボタンを使って、アプリのデータのエクスポートを無効にします。
  6. [エクスポートを停止] をクリックして確定します。

[このプロジェクトのストリーミング] の切り替えを使用して、関連付けられた Firebase プロジェクトと Google アナリティクス 4 プロパティからのウェブ ストリームのエクスポートを制御します。

アプリのリンクを解除すると、BigQuery の対応するデータセットでデータの入力が停止されます。ただし、データセットは保持され、ストレージとクエリに対する課金も引き続き適用されます。今後の課金を停止するには、データセットを削除します。

BigQuery からリンクを解除するには:

  1. Firebase にログインし、プロジェクトを開きます。
  2. 設定アイコン をクリックし、[プロジェクトの設定] を選択します。
  3. [プロジェクトの設定] ページで [統合] タブをクリックします。
  4. BigQuery カードで、[管理] をクリックします。
  5. [BigQuery の詳細] で、[BigQuery からのリンクを解除] をクリックします。
  6. [BigQuery のリンクを解除] をクリックして確認します。
プロジェクトのリンクを解除すると、BigQuery の対応するデータセットでデータの入力が停止されます。ただし、データセットは保持され、ストレージとクエリに対する課金も引き続き適用されます。今後の課金を停止するには、データセットを削除します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
5054967
false
false