ユーザー プロパティ

この記事の内容:

ユーザー プロパティについて

「spender=true」、「profession=エンジニア」、「favorite_team=レアル マドリード」のようにユーザー プロパティを設定すると、ユーザーの静的な(すぐには変わらない)属性を明確にすることができます。ユーザー プロパティは、logEvent を呼び出すと自動的に記録される、実質的にイベントに「付属」するパラメータです。ユーザー プロパティの値を作成して登録すると、そのプロパティ値を使用してレポートにフィルタを適用できます。たとえば、ゲームで課金するユーザーのプレイの傾向が、課金しないユーザーとどのように違うか把握することができます。

各 Firebase プロジェクトには、一意の名前のユーザー プロパティを 25 個まで設定できます(名前の大文字と小文字は区別されます)。

ユーザー プロパティを設定する際には、名前、社会保障番号、メールアドレスといった個人情報を(ハッシュ形式であっても)含めないようにしてください。

概要の表

概要の表には、アナリティクスのトラッキング コードで設定し、アナリティクスの管理画面で登録したユーザー プロパティのリストが表示されます。

ユーザー プロパティの設定と登録

設定

ユーザー プロパティはアナリティクスのトラッキング コードで設定します。

トラッキング コードで setUserProperty(Android)または setUserPropertyString(iOS)を呼び出す方法については、デベロッパー向けドキュメントをご覧ください。

登録

ユーザー プロパティをレポートのフィルタとして使用するには、アナリティクスの管理画面で登録する必要があります。フィルタは、登録日以降に受信したデータに対して適用することができます。ユーザー プロパティは次の方法で登録してください。

  1. アナリティクスで自分のアプリに移動します。
  2. [ユーザー プロパティ] をクリックします。
  3. [新しいユーザー プロパティ] をクリックします。
  4. ユーザー プロパティの名前と説明を入力して、[作成] をクリックします。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。