レポート設定

データをフィルタリングし、有効な期間を設定します。
        screenshot of user interface showing steps 1 and 2
この記事の内容:

1  フィルタ オプション

[フィルタを追加 +] をクリックし、データのサブセットに焦点を絞ります。他のレポートに移動しても、設定したフィルタは有効なままになります。

次のオプションがあります。

単一のユーザー プロパティのフィルタ条件として複数の値を指定した場合(例: 年齢: 18-24、25-34)、OR 条件として扱われます(年齢が 18-24 OR(または)25-34)。

複数のユーザー プロパティまたはユーザーリストをフィルタ条件として指定した場合(例: 年齢 = 18-24、性別 = Male)、AND 条件として扱われます(年齢が 18-24 AND(かつ)性別が Male)。複数のユーザー プロパティまたはユーザーリストをフィルタ条件として指定した場合、アナリティクスで参照できるのは 2018 年 12 月 8 日以降のデータのみです。

別のレポートに移っても、適用可能なフィルタはそのまま残ります。別のレポートで作成したフィルタは、適用可能でない場合はレポートから自動的に削除されます。

2 期間

右上に表示されている日付をクリックし、期間を選択します。他のレポートに移動しても、選択した期間は有効なままになります。すべてのレポートで、選択した期間の指標値と前の期間の指標値が比較されます。

  • [今日]、[昨日]、[今週]、[過去 7 日間]、[過去 30 日間]、[今四半期]、[カスタム] のいずれかを選択します。
  • [カスタム] を選択して、開始日と終了日を指定して期間を作成します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。