検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

自動的に収集されるユーザー プロパティ

Firebase SDK を使用していれば、ユーザー プロパティを自動的に収集するためのコードを追加で記述する必要はありません。これらすべてのユーザー プロパティはユーザーリストの条件で使用できます。また、その一部は全般レポートのフィルタとして使用することもできます。iOS アプリの場合、年齢、性別、興味 / 関心のユーザー プロパティを自動的に収集するには、IDFA を収集する(AdSupport フレームワークをプロジェクトに追加する)必要があります。

iOS アプリの場合、年齢、性別、興味 / 関心の各プロパティを自動的に収集するには、IDFA を収集する必要があります。
ユーザー プロパティ タイプ 説明
年齢 テキスト ユーザーを 6 つのカテゴリ(18~24、25~34、35~44、45~54、55~64、65 以上)で識別します。
アプリストア テキスト アプリをダウンロードしてインストールしたときのダウンロード元のストア。
アプリのバージョン テキスト versionName(Android)またはバンドル バージョン(iOS)。
テキスト ユーザーが居住している国。
デバイスのブランド テキスト モバイル端末のブランド名(Motorola、LG、Samsung など)。
デバイス カテゴリ テキスト モバイル端末のカテゴリ(モバイル、タブレットなど)。
デバイスの機種 テキスト モバイル端末のモデル名(iPhone 5s、SM-J500M など)。
最初の開始時間 数字 ユーザーが初めてアプリを起動した時間(ミリ秒単位、UTC)。1 時間単位で切り上げられます。
性別 テキスト ユーザーを男性または女性で識別します。
興味 / 関心 テキスト ユーザーの関心事のリスト(アート、エンターテインメント、ゲーム、スポーツなど)。
言語 テキスト 端末の OS の言語設定(en-us、pt-br など)。
新規 / 既存 該当なし 新規: 最初にアプリを起動したのが過去 7 日以内。
既存: 最初にアプリを起動したのが過去 7 日よりも前。
OS バージョン テキスト 端末の OS のバージョン(9.3.2、5.1.1 など)。

アナリティクスがユーザー属性とインタレスト カテゴリのデータを取得する場所

アナリティクスはユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するデータを次のソースから収集します。

  • Android の広告 ID。アプリのアクティビティだけに適用されます。アナリティクスは ID に基づく識別子を生成します。この識別子には、ユーザーのアプリのアクティビティに紐付けられた、ユーザー属性およびインタレスト カテゴリ関連情報が含まれています。
  • iOS の広告主向け識別子(IDFA)。アプリのアクティビティだけに適用されます。アナリティクスは IDFA に基づく識別子を生成します。この識別子には、ユーザーのアプリのアクティビティに紐付けられた、ユーザー属性およびインタレスト カテゴリ関連情報が含まれています。

端末広告 ID が存在しない場合は、アナリティクスはユーザー属性とインタレスト カテゴリに関する情報を収集できません。その結果、ユーザー属性とインタレスト カテゴリについては一部のユーザーのデータしか提供されなくなり、トラフィックの全体像を把握できなくなる場合があります。

データのしきい値

個々のユーザーのユーザー属性またはインタレスト カテゴリが、レポートを表示するユーザーに推測されないようにする手段として、しきい値が適用されます。年齢、性別、または興味 / 関心がレポートに含まれている場合、しきい値が適用され、データの一部がレポートから除外されることがあります。たとえば、レポートの「性別 = 男性」の事例が一定数以下の場合に、男性のデータが除外されることがあります。

レポートのデータにしきい値が適用されている場合はお知らせが表示されます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。