お子様が 13 歳(またはお住まいの国の該当する年齢)になったときの Google アカウントの仕組み

ファミリー リンクでアカウントが管理されているお子様が 13 歳(またはお住まいの国の該当する年齢)になると、アカウントの管理方法を次のいずれかに決定できます。

  • お子様自身で Google アカウントを管理する
  • 13 歳(またはお住まいの国の該当する年齢)以上のお子様に対する保護者向け監視ツールの管理機能を設定する

: アカウントに管理機能が設定されているお子様が 13 歳(またはお住まいの国の該当する年齢)に達すると、管理機能を停止できるようになります。

アカウントの管理をいつ始めるのか決めるのはお子様自身

お子様の 13 歳(またはお住まいの国の該当する年齢)の誕生日が近づくと、お子様とファミリー グループの管理者に Google からメールが届きます。お子様は、このメールを使用して下記の選択肢のいずれかを選択できます。

現在の保護者向け監視ツールの設定を保持する

お子様は、現在の保護者向け監視ツールの設定を保持し、引き続き保護者にアカウントの管理を任せることができます。その場合、お子様は [後で確認] を選択します。

後でお子様の決断が変わった場合は、自分でアカウントを管理するように変更し、13 歳(またはお住まいの国の該当する年齢)以上のお子様に対する保護者向け監視ツールの管理機能を設定するかどうかを決めることができます。

: 保護者が 13 歳(またはお住まいの国の該当する年齢)未満のお子様用の Google アカウントを作成した場合、またはお子様の Google アカウントの使用継続に同意している場合、お子様は 18 歳になる前に Google アカウントを自分で管理するように変更する必要があります。

13 歳(またはお住まいの国の該当する年齢)以上のお子様に対する保護者向け監視ツールの管理機能を設定する

お子様が保護者による管理の継続に同意するには、まず自分でアカウントを管理するように変更する必要があります。

ステップ 1: 自分でアカウントを管理する

お子様は次の手順に沿って、自分のアカウントを自分で管理することに同意します。

  1. 自分の受信トレイに移動し、「子ども向け Google アカウントの解除手続きのお知らせ」という件名のメールを開きます。
  2. メールを読み、[設定を確認] を選択します。
  3. アカウント設定を確認して [同意する] を選択します。

ステップ 2: 管理機能を設定する

13 歳(またはお住まいの国の該当する年齢)以上のお子様に対して管理機能を設定した場合の仕組みを確認し、管理機能の設定手順に沿って操作します。

自分のアカウントを自分で管理する

お子様はまず次の手順に沿って、自分のアカウントを自分で管理することに同意します。

  1. 自分の受信トレイに移動し、「子ども向け Google アカウントの解除手続きのお知らせ」という件名のメールを開きます。
  2. 自分のアカウントに関する一部の設定(Google 検索結果に対するセーフサーチ設定など)を行います。
  3. お子様自身で [同意する] をタップします。

: Chromebook でお子様のアカウントにログインしている場合、保護者向け監視ツールの管理機能を無効にするには、いったんログアウトしてから再度ログインする必要があります。

設定の変更内容

お子様が自分でアカウントを管理するようになり、保護者に管理を任せていない場合、以下の設定が変更されます。

  • アプリの許可やブロック、おやすみ時間の設定など、保護者向け監視ツールの管理機能がオフになります。
  • お子様は引き続きファミリー グループに所属しますが、お子様自身でグループの退会を選択できるようになります。
  • 現在地の共有機能がオフになります。お子様は必要に応じて、この機能を再びオンにすることができます。
  • お子様は自分の Google アカウントで YouTube Kids を利用できなくなります。また、以前ブロックされていた動画やチャンネルを YouTube アプリで視聴できるようになることがあります。
  • お子様には広告のカスタマイズを有効にする選択肢が表示されます。

: 欧州連合(EU)加盟国にお住まいの場合、その国で定められている同意年齢にお子様が達するまでは、Google がお子様に対して広告をカスタマイズすることはありません。既存の Google アカウントに管理機能が設定されていたお子様は、カスタマイズされた広告が表示されるようになると、表示される広告の管理設定を変更できるようになります。

Google Play の設定も一部変更されます。

  • 購入とダウンロードの承認: これまですべての Google Play コンテンツに対して保護者の承認が必要だった場合、今後は有料コンテンツに限り承認が必要となります。これまで保護者の承認が必要なかった場合は変わりません。
  • 保護者による使用制限: お子様の Google アカウントに設定した保護者による使用制限は、お子様が自分でアカウントを管理するようになると適用されなくなります。必要に応じて、お子様が使用している管理対象の各デバイスで保護者による使用制限を再設定してください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。