学校が管理する Chromebook で Google ハングアウトと Google Chat をブロックする

組織部門内のすべての生徒が、学校が管理する Chromebook 上で Google ハングアウトと Google Chat を使用できないようにブロックすることができます。

重要: 以下の手順は、Chrome OS を搭載した、学校が管理する Chromebook でのみ機能します。

手順 1: URL をブロックする

Google 管理コンソールで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] 次に [ユーザーとブラウザの設定] をクリックします。組織部門を選択し、[URL のブロック] の横に次の URL を入力します。
  • https://hangouts.google.com
  • https://chat.google.com
[URL ブラックリストの例外] で、次の URL を入力します。
  • https://hangouts.google.com/hangouts/_/meet
URL のブロックについて詳しくは、ユーザーまたはブラウザに Chrome ポリシーを設定する: URL のブロックをご覧ください。

手順 2: 学校に必要なアプリのみをホワイトリストに登録する

学校の Chromebook で Android アプリを使用している場合は、学校に必要なアプリのみをホワイトリストに登録することをおすすめします。Google ハングアウトまたは Google Chat を組織内の教師に対して有効にし、生徒に対してブロックするには、生徒の組織部門のインストール ポリシーを [ブロック] に変更します。

Android アプリのホワイトリスト登録について詳しくは、Chromebook で管理対象ユーザーに Android アプリを導入するをご覧ください。

: 組織部門ごとに Google Chat を無効にする方法については、G Suite ユーザー向けにサービスを有効または無効にするをご覧ください。

手順 3: ログイン制限を設定する

生徒が個人アカウントを使用して、ブラックリストに登録済みの URL にシークレット モードでアクセスできないようにするには、学校が管理するデバイスに [ドメイン名].com に対するログイン制限を設定します。

詳しい手順については、Chrome デバイスのポリシーを設定する: ログインの制限をご覧ください。

シークレット モードについて詳しくはユーザーまたはブラウザに Chrome のポリシーを設定する: シークレット モードをご覧ください。

手順 4: 予備のアカウントをブロックする

生徒が個人アカウントで Android アプリをダウンロードできないようにするには、管理コンソールで [デバイス] 次に [Chrome 管理] 次に [ユーザーとブラウザの設定] 次に 生徒の組織部門(OU)を選択します。[予備のアカウントにログインする] の横にある、[予備の Google アカウントに対するログインやログアウトを禁止する] を選択します。


詳しい手順については、ユーザーまたはブラウザに Chrome のポリシーを設定する: 予備のアカウントにログインするをご覧ください。

手順 5: ゲストモードを無効にする

ゲストモードを無効にする方法については、Chrome デバイスのポリシーを設定する: ゲストモードをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。