学校が管理する Chromebook で Google ハングアウトと Google Chat をブロックする

学校が管理する Chromebook で従来のハングアウトと Google Chat を使用できないように生徒をブロックすることができます。その際は、すべての生徒をブロックすることも、特定のグループの生徒に対して異なるルールを設定することもできます。

すべて開く  |  すべて閉じる

従来のハングアウトと Chat をブロックする

重要: 以下の手順は、Chrome OS を搭載した、学校が管理する Chromebook でのみ機能します。

手順 1: URL をブロックする
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
  3. [ユーザーとブラウザの設定] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門または設定グループを選択します。
  5. [URL のブロック] で [URL のブラックリスト] をクリックし、次の URL を入力します。
    • https://hangouts.google.com
    • https://chat.google.com
  6. [URL ブラックリストの例外] をクリックし、「https://hangouts.google.com/hangouts/_/meet」と入力します。
  7. [保存] をクリックします。組織部門またはグループを作成してある場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドさせたり、グループの設定を解除したりできる場合があります。
URL のブロックについて詳しくは、URL のブロックをご覧ください。
手順 2: 必要なアプリのみを許可リストに追加する

学校の Chromebook で Android アプリを使用している場合は、学校に必要なアプリのみを許可リストに追加することをおすすめします。すべての生徒に対して、またはグループごとにアプリのインストールを許可もしくはブロックすることもできます。

関連トピック

手順 3: ログイン制限を設定する

生徒が個人アカウントを使用して、拒否リストに追加済みの URL にシークレット モードでアクセスできないようにするには、学校が管理するデバイスに組織に対するログイン制限を設定します。

詳しくは、ログインの制限をご覧ください。

手順 4: 予備のアカウントをブロックする

生徒が個人アカウントで Android アプリをダウンロードできないように制限することができます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
  3. [ユーザーとブラウザの設定] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門または設定グループを選択します。
  5. [予備のアカウントにログインする] の横にある下矢印 "" 次に [予備の Google アカウントに対するログインやログアウトを禁止する] をクリックします。
  6. [保存] をクリックします。組織部門またはグループを作成してある場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドさせたり、グループの設定を解除したりできる場合があります。
詳しくは、予備のアカウントにログインするをご覧ください。
手順 5: ゲストモードを無効にする
ゲストモードを無効にする手順については、ゲストモードをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。