提出物の独自性レポートを確認する

 

この記事は生徒用です

 

教師が課題の独自性レポートを有効にしていれば、生徒は 3 回までレポートを作成して自分の提出物をチェックできます。独自性レポートは、課題を提出する前に必要箇所を修正するのに役立ちます。

レポートを読む

フラグ済みの文の数を確認する

インターネット上に一致する文献があるものの、適切に引用しなかったテキストは、ハイライト表示で報告されます。フラグ済みの各文を確認して、出典を表記しましょう。

独自性レポートの結果欄では、適切に引用されているテキストの表示と非表示を切り替えることができます。表示するには、[引用した文章が <数値> 件あります] の横にあるスイッチをオン オン にします。 

フラグ済みの文の個数またはフラグ済みのコンテンツの割合に表示を切り替える

フラグ済みの文の個数またはフラグ済みのコンテンツの割合に表示を切り替えるには、[カウント] または [%] をクリックします。
フラグ済みのコンテンツの割合は、参考文献を使用した量を示しています。たとえば、レポートでフラグ済みのコンテンツの割合が 5% だった場合、ドキュメントの 5% が参考文献に一致するものの、適切に引用されていないことを示しています。

個々の文を確認する

フラグ済みの文を確認する

フラグ済みの文を個別に確認するには、次のいずれかを行います。

  • [ウェブで一致] の下にある次へアイコン 次へ または前へアイコン 戻る をクリックします。
  • ドキュメント内でハイライト表示されている文をクリックします。

適切に引用した文をハイライト表示する

適切に引用した文が含まれているテキストをハイライト表示するには、[引用した文章が <数値> 件あります] の横にあるスイッチをオン オン にします。

提出物を編集する

独自性レポートを作成した後で、提出するドキュメントを編集できます。
  • 提出物を編集するには、[編集] をクリックします。
  • 独自性レポートに戻るには、[レポートを表示] をクリックします。
: 編集した内容をレポートに表示するには、レポートを新しく作成する必要があります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。