クラスのオーナー権限を譲渡する

この記事は教師用です。 

クラスのオーナー権限を副担任に譲渡して、副担任を主担任にすることができます。副担任が譲渡を承諾するまで、クラスのオーナーは元の主担任のままになります。譲渡が完了すると、元の主担任はクラスの副担任になります。クラスを削除できるのは主担任のみです。

: クラスのオーナー権限を譲渡する前に主担任のアカウントが削除されると、クラスの一部の機能が動作しなくなります。

オーナー権限を譲渡できる相手

  • G Suite アカウントまたは G Suite for Education アカウントで Classroom を使用している場合 - ドメイン内の副担任にのみオーナー権限を譲渡できます。
  • 個人の Google アカウントで Classroom を使用している場合 - 個人の Google アカウントで Classroom を使用している副担任にのみオーナー権限を譲渡できます。

譲渡後のクラスの資料のオーナー

クラスのオーナー権限を譲渡すると、新しく主担任になった教師は以下のアイテムのオーナーにもなります。

  • クラスの Google ドライブ フォルダ
  • クラスのテンプレート フォルダ内の教材
  • 提出済みの生徒の課題

削除された資料のオーナー

G Suite for Education アカウントを使用している場合、オーナー権限の譲渡前に削除されたファイルについては、元の主担任が引き続きオーナーとなります。詳しくは、ファイルのオーナーを他のユーザーにするをご覧ください。

クラスのオーナー権限の譲渡

クラスのオーナー権限を譲渡した後に譲渡を取り消すことはできません。

  1. classroom.google.com にアクセスして [ログイン] をクリックします。

    Google アカウント(例: [あなたの名前]@[学校名].edu[あなたの名前]@gmail.com)でログインします。詳細

  2. 該当するクラス 次に [メンバー] をクリックします。

    [メンバー] をクリック

  3. 該当する教師の名前の横で、その他アイコン "" 次の操作 [クラスのオーナーに指名] をクリックします。
  4. [招待する] をクリックします。

譲渡が完了すると確認メールが届きます。

オーナー権限の譲渡招待を取り消す

副担任がオーナー権限の譲渡招待をまだ承諾していなければ、招待を取り消すことができます。

  1. classroom.google.com にアクセスして [ログイン] をクリックします。

    Google アカウント(例: [あなたの名前]@[学校名].edu[あなたの名前]@gmail.com)でログインします。詳細

  2. オーナー権限の譲渡招待を取り消すクラスをクリックします。
  3. 上部の [メンバー] をクリックします。

    [メンバー] をクリック

  4. 該当する教師の名前の横で、その他アイコン "" 次の操作 [オーナーへの招待を取り消す] をクリックします。

オーナー権限の譲渡を承諾または辞退する

別の教師からクラスのオーナーになるよう招待されると、招待メールが届きます。

  1. 招待メールの [返信] をクリックします。
  2. [承諾] または [辞退] をクリックします。

注: 承諾して譲渡が完了すると、自分と元のオーナーに確認メールが届きます。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。