Classroom の使用状況レポートを表示する

この記事は G Suite 管理者を対象としています。

G Suite 管理者は、組織内での Classroom の使用傾向を確認したり、ユーザー アクティビティを監視したりすることができます。たとえば、アクティブなクラスの数、教師や生徒が作成した投稿の数などを確認できます。

レポートを開く

確認できるデータは 2016 年 12 月 8 日以降のものです。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[レポート] にアクセスします。
  3. 左側の [アプリレポート] の下にある [Classroom] をクリックします。
  4. スクロールしてグラフにカーソルを合わせると、日付別の統計情報が表示されます。
  5. [投稿作成数] の下部にあるチェックボックスをオンまたはオフにすると、教師または生徒だけのデータを表示できます。
  6. (省略可)グラフを削除したり、再度追加したりするには:
    1. 上部の [レポートを管理] をクリックします。
    2. 削除アイコン "" をクリックするか、下矢印 ""、追加するグラフの順にクリックします。
    3. [保存] をクリックします。

レポートをダウンロードする

  1. レポートを開きます(上記の手順を参照)。
  2. グラフの右上にあるダウンロード アイコン "" をクリックします。
  3. ファイル形式を選択して [ダウンロード] をクリックします。

Classroom の使用状況データをユーザー別に確認する

特定のユーザーが Classroom で作成したクラスや投稿の数、最後に Classroom を使用した日時を確認できます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[レポート] にアクセスします。
  3. 左側の [ユーザー レポート] の下にある [アプリの使用状況] をクリックします。
  4. [フィルタを追加] 次に [ユーザー名] をクリックします。
  5. ユーザーの名前またはメールアドレスを入力 次に リスト内のユーザーの名前をクリックします。

不要な列を削除する

Classroom を参照する列には、[Classroom - 前回の使用]、[作成されたクラス数]、[投稿作成数] があります。レポートから列を削除する手順は次のとおりです。

  1. 列管理アイコン "" をクリックします。
  2. 列の横にある削除アイコン "" をクリックします。
  3. [保存] をクリックします。

Classroom のアクティブ ユーザーを確認する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[レポート] にアクセスします。
  3. [重要ポイント] ページで [他のアプリでのユーザー アクティビティ] までスクロールし、[Classroom] をクリックします。
  4. グラフにカーソルを合わせると、日付別のデータが表示されます。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。