担当ドメイン内の保護者を管理する

この記事は G Suite 管理者を対象としています。

保護者は、保護者宛の概要説明メールを利用して、生徒が教室で学習していることや課題の進捗を知ることができます。概要説明メールには、生徒が参加している授業や課題に関する情報がまとめられています。保護者宛の概要説明メールのサンプルをご覧ください。

G Suite 管理者は、次のことを決定します。

  • 担当する学校や地区で、保護者宛の概要説明メールを有効にするかどうか
  • 保護者の招待や削除を行う権限を教師に付与するかどうか

概要説明メールを有効にすると、教師は保護者に招待メールを送信できるようになります。教師の手順については、保護者宛の概要説明メールを設定するをご覧ください。

 

保護者宛の概要説明メールを有効または無効にする

担当ドメインでの保護者のアクセスを有効または無効にできます。デフォルトの動作は学校の種類によって異なります。

  • 幼稚園から高校の教育機関では、保護者のアクセスは有効になっています。
  • 高等教育機関では、保護者のアクセスは無効になっています。

保護者のアクセスを有効にすると、保護者と生徒がリンクされ、保護者は概要説明メールを受信できるようになります。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Classroom] にアクセスします。
  3. [全般設定] をクリックします。
  4. [保護者のアクセス] で、[保護者に Classroom の情報へのアクセスを許可] をクリックします。

: ホワイトリストに登録されたドメインの生徒が担当ドメイン内のクラスに参加することを許可している場合は、ホワイトリストに登録されているドメインで保護者宛の概要説明メールも有効にする必要があります。概要説明メールが有効になっていない場合、教師はそのドメインの生徒の保護者を招待できません。詳しくは、ドメインをホワイトリストに登録するをご覧ください。

保護者の招待と削除をする権限を管理する

保護者の招待と削除をする権限をユーザーに付与します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Classroom] にアクセスします。
  3. [全般設定] をクリックします。
  4. [保護者のアクセス] 次に [保護者を管理できるユーザー] で、確認済みの教師またはドメイン管理者のどちらのグループに保護者の招待や削除をする権限を付与するのかを選択します。

担当ドメインの保護者を招待または削除する

管理者は、次の 2 つの方法で担当ドメインの保護者を一括で招待したり削除したりできます。

  • GAM(G Suite のドメインとユーザーを管理するコマンドライン ツール)を使用して、CSV を使用した保護者の一括招待、現在の保護者のリスト表示、保護者の削除を行うことができます。
  • Classroom API を使用して、保護者の招待や削除を行うことができます。API を使用した保護者の管理方法について詳しくは、Google Developers サイトの Managing Guardians をご覧ください。

    注: 1 人の生徒に割り当てることができる保護者の数は最大で 20 人です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。