クラスを設定する

この記事は Google Workspace 管理者を対象としています。

自分のドメインのユーザーが外部ドメインのクラスに参加できるようにしたり、自分のドメインのクラスに外部ドメインのユーザーが参加できるようにしたりするには、Google 管理コンソールでクラスのメンバー設定を変更する必要があります。

すべて開く  |  すべて閉じる

クラスのメンバー設定を管理する

ユーザーが他の種類のユーザー アカウントで作成されたクラスに参加するには
組織の管理者とアカウントの種類により許可されている場合は、異なる種類のアカウントを持つユーザーが作成したクラスに参加できる場合もあります。
ユーザーが Classroom へのアクセスに使用するアカウントの種類 主担任が Classroom へのアクセスに使用するアカウントの種類 ユーザーのクラス参加の可否(左記組み合わせの場合)
  • Google Workspace for Education
  • Workspace for Nonprofits
  • Google Workspace for Education
  • Workspace for Nonprofits
両方の組織のクラス設定で許可されている場合は参加可能
  • Workspace Starter
  • Business Standard
  • Business Plus
  • Enterprise
  • Google Workspace Starter
  • Business Standard
  • Business Plus
  • Enterprise
両方の組織のクラス設定で許可されている場合は参加可能
  • Google Workspace for Education
  • Workspace for Nonprofits
  • Google Workspace Starter
  • Business Standard
  • Business Plus
  • Enterprise
  • 個人の Google アカウント
不可
  • Workspace Basic
  • Business Standard
  • Business Plus
  • Enterprise
  • Google Workspace for Education
  • Workspace for Nonprofits
  • 個人の Google アカウント

不可

個人の Google アカウント
  • Google Workspace for Education
  • Workspace Starter
  • Business Standard
  • Business Plus
  • Enterprise
Google Workspace 組織で許可されている場合は参加可能
個人の Google アカウント 個人の Google アカウント 参加可能
 

詳しくは、Classroom へのユーザー アクセスを制御するをご覧ください。

クラスに参加できるユーザーを管理する

自分のドメインのクラスに外部ドメインのユーザーが参加できるようにすると、自分のドメイン内へのファイル共有が可能になります。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン "" 次に "" [アプリ] にアクセスします。
  3. ご利用のアカウントの種類に応じて次のいずれかを行います。
    • Google Workspace for Education または Google Workspace for Nonprofits - [Google Workspace] 次に [Classroom] をクリックします。
    • Google Workspace Basic、Google Workspace Business、または Google Workspace for Education Plus - [その他の Google サービス] 次に [Classroom] をクリックします。
  4. [クラスの設定] 次に [クラスのメンバーについて] をクリックします。
  5. [このドメインのクラスに参加できるユーザー] で、次のいずれかを選択します。
    • このドメインのユーザーのみ - 自分のドメインのユーザーのみが、自分のドメインのクラスに参加できます。
    • 許可リストに登録されているドメインのユーザー - 許可リストに登録されているドメインのユーザーが、あなたのドメインのクラスに参加できます。対象ドメインの Google Workspace 管理者に、あなたのドメインを許可リストに追加してもらう必要があります。
    • すべての Google Workspace ユーザー - Classroom にアクセスできるすべての Google Workspace ユーザーが、あなたのドメインのクラスに参加できます。
    • すべてのユーザー - Classroom にアクセスできるすべての Google Workspace ユーザーまたは個人の Google アカウントを使用しているユーザーが、あなたのドメインのクラスに参加できます。
  6. [保存] をクリックします。
自分のドメインのユーザーが参加できるクラスを管理する
自分のドメインのユーザーが外部ドメインのクラスに参加できるようにすると、ドメイン外部とのファイル共有が可能になります。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン "" 次に "" [アプリ] にアクセスします。
  3. ご利用のアカウントの種類に応じて次のいずれかを行います。
    • Google Workspace for Education または Google Workspace for Nonprofits - [Google Workspace] 次に [Classroom] をクリックします。
    • Google Workspace Basic、Google Workspace Business、または Google Workspace for Education Plus - [その他の Google サービス] 次に [Classroom] をクリックします。
  4. [クラスの設定] 次に [クラスのメンバーについて] をクリックします。
  5. [このドメインのユーザーが参加できるクラス] で、次のいずれかを選択します。
    • このドメインのクラスのみ - 自分のドメインのユーザーは、自分のドメインのクラスにのみ参加できます。
    • 許可リストに登録されているドメインのクラス - 自分のドメインのユーザーは、許可リストに登録されているドメインのクラスに参加できます。
    • すべての Google Workspace クラス - 自分のドメインのユーザーは、すべての Google Workspace ドメインのクラスに参加できます。
  6. [保存] をクリックします。

信頼できるドメインの許可リストを使用する

ドメインを許可リストに登録すると、自分のドメインのユーザーが登録済みドメインのクラスに参加でき、登録済みドメインのユーザーもあなたのドメインのクラスに参加できるようになります。サブドメインやドメイン エイリアスは、ドメインの許可リストへの登録時に含まれません。また、許可リストに登録できるのは Google Workspace ドメインのみです。

許可リストを Classroom で適切に機能させるには、両ドメインの Google Workspace 管理者が Google 管理コンソールで設定を変更し、その後 Google ドライブの設定を変更してドメイン間でのファイル共有を許可する必要があります。詳しくは、許可リストにドメインを登録する方法をご覧ください。

許可リストにドメインを登録する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン "" 次に "" [アプリ] にアクセスします。
  3. ご利用のアカウントの種類に応じて次のいずれかを行います。
    • Google Workspace for Education または Google Workspace for Nonprofits - [Google Workspace] 次に [Classroom] をクリックします。
    • Google Workspace Basic、Google Workspace Business、または Google Workspace for Education Plus - [その他の Google サービス] 次に [Classroom] をクリックします。
  4. [クラスの設定] をクリックします。
  5. [許可リスト登録済みドメインの表示] の横にある [編集] 次に [新しく追加] をクリックします。
  6. ドメインの完全なアドレスを入力し、[許可リストにドメインを追加] をクリックします。
    : 変更内容が反映されるまでには、最長で 24 時間ほどかかる場合があります。
許可リストからドメインを削除する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン "" 次に "" [アプリ] にアクセスします。
  3. ご利用のアカウントの種類に応じて次のいずれかを行います。
    • Google Workspace for Education または Google Workspace for Nonprofits - [Google Workspace] 次に [Classroom] をクリックします。
    • Google Workspace Basic、Google Workspace Business、または Google Workspace for Education Plus - [その他の Google サービス] 次に [Classroom] をクリックします。
  4. [クラスの設定] をクリックします。
  5. [許可リスト登録済みドメインの表示] の横にある [編集] をクリックします。
  6. ドメイン名の横にある [削除] 次に [許可リストから削除] をクリックします。

許可リスト登録済みドメインに対してファイル共有のアクセス権を付与する

外部ドメインのユーザーがあなたのドメインのクラスに参加して課題を提出できるようにするには、ドライブの設定を変更して組織の外部とのファイル共有を許可する必要があります。自分のドメインのユーザーが外部ドメインのクラスに参加できるようにすると、自分のドメイン内へのファイル共有が可能になります。

ユーザーがクラスに参加した後でドライブの設定を変更すると、ユーザーがタスクを完了できなくなる可能性があります。たとえば、生徒が課題を提出できない場合や、教師が課題を生徒に返却できない場合があります。

共有権限を設定するには:

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン "" 次に "" [アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [ドライブとドキュメント] にアクセスします。
  3. [共有設定] 次に [共有オプション] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門または設定グループを選択します。
  5. [<組織名> の外部との共有] で [許可リスト登録済みドメイン] を選択します。
    : この設定は共有に必要な最小限のレベルであり、他の権限を選択することもできます。詳しくは、ファイルの共有権限の設定に関するページをご覧ください。
  6. (省略可)[<組織名> のユーザーが所有するファイルを許可リスト登録済みドメインのユーザーと共有するときに警告する] のチェックボックスをオンにします。
  7. (省略可)[許可リスト登録済みドメイン以外のユーザーからのファイル受信を <組織名> のユーザーに許可する] のチェックボックスをオンにします。
  8. [保存] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
true
false
false