Classroom の新機能

Google は Classroom に新機能を頻繁に追加しています。このページには、それぞれの新機能の説明と、Classroom で使用する際の詳細情報のリンクが掲載されています。毎月このページにアクセスして、新しく追加された機能をご確認ください。

Classroom の最新情報を入手するには、Facebook や Twitter で Google for Education をフォローし、Google for Education ブログを定期的にご覧ください。

2020 年 4 月

ブログ投稿(英語のみ)

新機能:

クラスのビデオ会議 - 遠隔学習向けに Classroom で Google Meet を使ってビデオ会議を教師が開始し、その会議に生徒が参加できます。

Classroom でビデオ会議を作成できるのは教師のみです。Classroom で作成されたビデオ会議はすべて、ニックネーム付きの会議とみなされるため、生徒は教師より前に会議を開始できず、教師が最後に退出した場合、生徒はその会議に再参加できません。こうしたアクセス許可は、管理者が学校向けに Meet をどのように設定しているかに応じて変わります。 

Classroom で Meet を使用するには:

また、2020 年 9 月 30 日までの期間、G Suite for Education をご利用のすべての Classroom ユーザーの教育者様向けに、G Suite Enterprise for Education の高度な機能を無償で提供しております。ライブ配信、録画、250 人までのクラスのビデオ会議などの機能をご利用いただけます。

ビデオ会議はウェブ版、モバイル版の Classroom でご利用可能です。

最近の更新情報

2020 年 1 月

ブログ投稿(英語のみ)

新機能:

  • 独自性レポート - 教師が各クラスで 3 件までの課題に対して独自性レポートを有効にできるようになりました。独自性レポートでは、ドキュメント(提出物)内の引用箇所がハイライト表示され、引用表記のない文章が報告されるので、生徒はレポートを参照して文章を改善できます。生徒が課題を提出したら、教師は採点ツールから独自性レポートにアクセスし、提出物の学問的誠実性を確認したりフィードバックを提供したりできます。

    管理者の方は、G Suite Enterprise for Education に切り替えることで無制限の独自性レポート機能にアップグレードできます。

  • ルーブリック - 教師がルーブリックを作成、再利用できるようになりました。生徒は、課題に取り組む際にルーブリックを確認して、課題の目標を明確に把握できます。教師がルーブリックを使って課題を採点する際には、評価レベルを選択すると総合成績が自動的に計算されます(総合成績は手動で調整することも可能です)。生徒は、課題が返却されたらルーブリックでフィードバックを簡単に確認できます。

    ルーブリックの詳細:

    • カスタマイズ - 最大 50 個の評価基準と最大 10 個の評価レベルを設定できます
    • 共有 - 課題の作成時にインポートとエクスポートのオプションを選択できます
    • 再利用 - 別の課題でルーブリックを再利用できます

注: ルーブリックはコースごとに展開され、数日中に完全に利用可能になります。

モバイル版の新機能:

新しいベータ版プログラム:

2019 年 9 月

モバイル版の新機能:

新機能:

  • Classroom の[授業] ページ - すべてのクラスに [授業] ページが追加されるようになりました。[授業] ページのない旧バージョンの Classroom は廃止されました。旧バージョンを使用していたクラスは、2019 年 9 月 4 日をもって [授業] ページのある新バージョンに切り替わりました。

    この切り替えについて詳しくは、授業ページがない Classroom のクラスをご覧ください。

2019 年 8 月

新機能:

  • 独自性レポート(ベータ版)- 独自性レポート機能のベータ版に登録できるようになりました。教師は課題の作成時に独自性レポート機能を有効にできます。詳しくは、Classroom のベータ版プログラムに申し込むをご覧ください。

2019 年 6 月

ブログ投稿(英語のみ)

新機能:

  • クラスのアーカイブ - 教師が iOS デバイスでクラスをアーカイブできるようになりました。
  • 新しくなった生徒の課題ページ - 生徒にとって課題の提出と教師とのコミュニケーションがさらに容易になりました。詳しくは、課題を提出するをご覧ください。

採点簿:

新しいベータ版プログラム:

  • SIS への成績の同期 - 教師は Classroom から生徒情報システム(SIS)に成績を直接送信できます。このベータ版プログラムに関心をお持ちの場合は、管理者の方がベータ版お申し込みフォームからお申し込みください。
  • ルーブリック - 教師はカスタム ルーブリックを作成して保存し、課題の採点や生徒へのフィードバックに利用できます。このベータ版プログラムに関心をお持ちの場合は、教師または管理者の方がルーブリックのベータ版お申し込みフォームからお申し込みください。

2019 年 5 月

Android 版の新機能:

  • タブレット版の新しい採点画面 - タブレットでは、教師が画面左側で提出物リストに成績を追加し、右側で個々の生徒にフィードバックを提供できるようになりました。
  • 設定ページのデザインが新しくなりました。

iOS 版の新機能:

  • 生徒セレクター - 教師が、生徒セレクターを使って生徒をランダムに選択し、指名できるようになりました。

2019 年 4 月

新機能:

Android 版の新機能:

2019 年 3 月

新機能:

2019 年 2 月

新機能:

  • ストリームの通知 - [授業] ページを使用している場合は、[ストリーム] ページでの授業に関する通知の表示方法として、折りたたみビューまたは展開ビューを選択できるようになりました。通知を完全に非表示にすることもできます。
  • ストリームの整理 - [授業] ページを使用しているクラスでは、[ストリーム] ページの最上部に任意の投稿を移動できるようになりました。

2019 年 1 月

ブログ投稿(英語のみ)

新機能:

  • デザインを一新 - デザインが新しくなり、多数のテーマが追加されました。
  • [授業] ページの項目のドラッグ&ドロップ - [授業] ページでトピック全体または各投稿を簡単に整理できるようになりました。
  • クラスコードを簡単に表示して共有 - 各クラスの [ストリーム] ページの上部にクラスコードが表示されるようになりました。
  • スワイプに対応 - モバイル画面を左にスワイプして投稿をすばやく削除、編集できるようになりました(iOS のみ)。

以前の更新情報

Classroom の更新情報アーカイブをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。