Set up Meet for distance learning

遠隔学習をサポートする Meet の機能

教師の方は Google Meet のさまざまな機能を利用して、遠隔学習を円滑に進めることができます。なお、以下の機能を使用するには、管理者の方が Google 管理コンソールで設定を変更しなければならない場合があります。

: 大規模な会議を主催する機能とライブ ストリーミング機能を追加料金なしでご利用いただけるプロモーションは、2020 年 9 月 30 日をもって終了いたしました。今後これらの機能をご利用になるには、Education エディションのアップグレードが必要になります。

会議を開始する、会議に参加する

ビデオ会議を開始したり、ビデオ会議に参加したりする際には、次の点にご注意ください。

  • Google Workspace for Education アカウントをお持ちで、初等中等教育機関(幼稚園~高等学校)に所属されている場合、個人の Google アカウントで作成された Meet のビデオ会議には参加できません。詳しくは、組織の種類を選択するをご覧ください。
  • Google Workspace for Education エディションのユーザーが Gmail で Meet を使用できるようにするには、管理者の方がビデオ会議の作成権限と参加権限を有効にする必要があります。詳しくは、Meet のビデオ会議を有効にするをご覧ください。
  • 匿名ユーザーおよび Google アカウントにログインしていないユーザーは、Google Workspace for Education ユーザーが主催する会議には参加できません。ただし、電話を使用してダイヤルインすることは可能です。
  • Google Meet のビデオ会議は Microsoft Outlook にも対応しています。詳しくは、Outlook に Meet のビデオ会議を追加するをご覧ください。
  • Meet 以外のビデオ会議ツールを使用しているユーザーも、Meet のビデオ会議に参加できます。詳しくは、サードパーティ製ビデオ会議システムで Meet を使用するをご覧ください。

Classroom で Meet を使用する

クラスの主担任に対して Meet が有効になっている必要があります。

教師の方は Classroom のクラスごとに固有の Google Meet リンクを作成して、生徒がビデオ会議に簡単に参加できるようにすることができます。Meet リンクを作成できるのは教師の方に限られます。簡単に管理できるように、Meet リンクおよびその設定にはクラス ストリームからアクセスできるようになっています。

管理者の方は、教師と生徒に対して Classroom と Meet を有効にする必要があります。詳しくは、学校向けに Classroom を設定するをご覧ください。

教師向けの管理機能

会議の主催者(教師)は次のことを行えます。

  • ビデオ会議へのアクセスを管理する
  • 参加者をミュートする
  • 参加者を削除する、再度招待する
  • 生徒が会議に再参加できないようにする
  • 生徒が画面を共有できないようにする
  • 会議中に生徒がチャット メッセージを送信できないようにする

詳しくは、ビデオ会議の参加者を管理するをご覧ください。

会議の管理者向けの出席レポートを受け取る

サポート対象エディション: Business Plus、Enterprise、Teaching and Learning Upgrade、Education Plus、Essentials。 エディションの比較

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次の操作 [Google Workspace] 次の操作 [Google Meet] にアクセスします。
  3. [Meet の動画設定] 次に [出席レポート] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門または設定グループを選択します。
  5. [会議後に出席レポートを会議の管理者に提供する] チェックボックスをオンにします。
  6. [保存] をクリックします。組織部門またはグループが作成済みの場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドしたり、グループの設定を解除したりできることがあります。
ユーザーは出席レポートを使用して、出席者を追跡できます。

ビデオ会議へのアクセスを管理する

  • 会議の主催者(教師)は、ビデオ会議の参加者に対して、会議に参加する前に参加をリクエストすることを必須にするかどうかを指定できます。デフォルトでは、[クイック アクセス] が有効になっています。教師の方はビデオ会議を開始した後に、パソコン上の Meet でこの設定を必要に応じて変更できます。詳しくは、ビデオ会議へのアクセスを管理するをご覧ください。
  • ドメイン外からのビデオ会議への参加リクエストを承認できるのは、会議の作成者またはカレンダーのオーナーのみです。それ以外の参加者が外部の参加者からの参加リクエストを承認できるようにすることはできません。
  • 会議の作成者は、進行中の会議に自動的に参加することを外部ゲストに許可することはできません。外部ゲストは、2 回参加を拒否されると、ビデオ会議への参加をリクエストできなくなります。

ヒント: 会議作成者が会議の終了前に退出する必要がある場合は、退出する前に、参加リクエストの承認を完了しておく必要があります。

会議を終了して、生徒が再参加できないようにする

会議の主催者および管理者は、パソコンで会議を終了して全員を退出させ、モバイル ユーザーを含むすべての参加者を会議から自動的に削除することができます。詳しくは、会議を終了して全員を退出させるをご覧ください。

生徒が会議を開始したり終了したりできないようにするには、管理者の方が Google 管理コンソールで、ビデオ会議の作成機能を生徒に対して無効にしてください。詳しくは、Meet のビデオ会議を有効にするをご覧ください。

関連トピック


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false