遠隔学習をセットアップする方法は、こちらでご確認いただけます。

Google Meet でブレイクアウト セッションを使用する

管理者の方は、ビデオ通話中にブレイクアウト セッションを使用して、より少人数のグループに参加者を分けることができます。ブレイクアウト セッションは、パソコンでビデオ通話を行っている最中に管理者の方が開始する必要があります。現在のところ、ブレイクアウト セッションをライブ配信したり、録画したりすることはできません。

会議をスケジュール設定または開始したユーザーが、その会議の主催者となります。他のユーザーのカレンダーに会議を作成、転送すると、そのユーザーが会議の主催者になります。デフォルトでは、主催者は 1 つの会議につき 1 人しかいませんが、会議中に最大 25 人の共同主催者を追加できます。

利用できるユーザー

ブレイクアウト セッションの参加要件

ブレイクアウト セッションは、以下の Google Workspace エディションでご利用いただけます。

  • Essentials
  • Business Standard
  • Business Plus
  • Enterprise Essentials
  • Enterprise Standard
  • Enterprise Plus
  • Education Plus
  • Teaching and Learning Upgrade
  • Workspace Business
  • Nonprofits
  • Workspace Individual 加入者

 以下に当てはまるユーザーはブレイクアウト セッションに参加できます。

  • パソコンまたは最新バージョンのモバイル版 Meet アプリ Meet app または Gmail アプリ を使用している。
  • スマートフォンから会議にダイヤルインしている。
  • 電話で会議に招待されている。
  • Google アカウントにログインしている。
  • 匿名ユーザーである(Google アカウントにログインしていない)。

以下のユーザーはブレイクアウト セッションに参加できません。

  • 最新バージョンのモバイル版 Meet アプリ Meet app または Gmail アプリ を使用していない。
  • Meet ハードウェア、または Meet との相互運用が有効なサードパーティ製デバイスを使用している。

操作手順(ビデオ通話の管理者)

Google カレンダーで予定を作成または編集する際に、会議のブレイクアウト ルームを作成できます。会議が始まってからブレイクアウト ルームを作成することも可能です。共同主催者はメインの会議からのみ追加できます。

Google カレンダーで事前にブレイクアウト ルームを作成する

calendar.google.com で次のどちらかの手順を行います。

新しい会議にブレイクアウト ルームを追加する場合

  1. Google カレンダーで新しい予定を作成します。
  2. [Google Meet のビデオ会議を追加] をクリックします。
  3. 参加者を追加します。
  4. この会議の設定を変更 設定 をクリックします。
  5. 左側のブレイクアウト ルーム をクリックします。
  6. ブレイクアウト ルームの数を選択し、次のいずれかの操作を行います。
    • 参加者を目的のブレイクアウト ルームにドラッグする
    • ブレイクアウト ルームに参加者の名前を直接入力する
    • シャッフル をクリックして、参加者のグループを入れ替える
  7. [保存] をクリックします。

既存の会議にブレイクアウト ルームを追加する場合

  1. 既存の Google カレンダーの予定を開きます。
  2. 編集アイコン 予定を編集 をクリックします。
  3. 予定の詳細で、この会議の設定を変更 設定 をクリックします。
  4. 左側のブレイクアウト ルーム をクリックします。
  5. ブレイクアウト ルームの数を選択し、次のいずれかの操作を行います。
    • 参加者を目的のブレイクアウト ルームにドラッグする
    • ブレイクアウト ルームに参加者の名前を直接入力する
    • シャッフル をクリックして、参加者のグループを入れ替える
  6. [保存] をクリックします。

会議中にブレイクアウト セッションを作成する

  1. パソコンでビデオ通話を開始します。
  2. 右下のアクティビティ アイコン 右矢印 [ブレイクアウト ルーム] をクリックします。
  3. [ブレイクアウト ルーム] パネルで、ブレイクアウト ルームの数を選択します。1 回の通話で最大 100 個のブレイクアウト ルームを作成できます。
  4. 作成したブレイクアウト ルームに通話の参加者が自動的に振り分けられます。ブレクアウト ルーム間で参加者を手動で移動するには、次のどちらかの操作を行います。
    • 移動先のブレイクアウト ルームに参加者の名前を直接入力する。
    • 移動する参加者の名前を長押しし、その名前をドラッグして別のブレイクアウト ルームにドロップする。
    • 各ルームの参加者をもう一度ランダムに入れ替えるには、シャッフル アイコン をクリックします。
  5. 右下の [ルームを開く] をクリックします。

ヒント: 参加者が管理者にサポートをリクエストすると、画面下部に通知が表示されます。その参加者がいるブレイクアウト セッションに参加するには、[参加] をクリックします。その参加者からの質問に後で答えるには、[後で] をクリックします。[ブレイクアウト セッション] パネルには、サポートをリクエストした参加者がいるブレイクアウト セッション名の上に [サポートをリクエストしました] というバナーが表示されます。

ブレイクアウト セッションのオプション機能
  1. 省略可: 現在会議に参加していない参加者を削除したり、ブレイクアウト セッションの設定をやり直したりするには:

    • [ブレイクアウト セッション] パネルの上部にあるクリア 閉じる をクリックします。ページ下部に [接続を解除したユーザーを削除しますか?] という通知が表示されたら、[クリア] をクリックします。
    • ヒント: ブレイクアウト セッションが設定済みの会議の会議リンクを再利用している場合は、接続を解除したユーザーを削除すると、自動的に参加者全員がメイン セッションに移動し、設定済みのブレイクアウト セッションの設定が取り消されます。
  2. 省略可: 必要に応じてブレイクアウト セッションにタイマーを設定します。タイマーが設定されたブレイクアウト セッションでは、タイマーが終了する 30 秒前からカウントダウンが表示されます。
    • [ブレイクアウト セッション] パネルの上部にあるタイマー 空の砂時計 をクリックします。
    • タイマーの時間を設定し、[OK] をクリックします。
    • ヒント: タイマーはいつでも編集または削除できます。その場合は [ブレイクアウト セッション] パネルのタイマー 空の砂時計 をクリックしてください。
ブレイクアウト ルームで使用できる会議用の安全管理機能

会議の安全性を確保するために、Google Meet では以下の安全管理機能を使用できます。

クイック アクセス: メインのチャットルームでクイック アクセスのオンとオフを切り替えた場合、その設定はメインのチャットルームにのみ適用されます。ブレイクアウト ルームでは、クイック アクセスが常にオンになります。ブレイクアウト ルームの参加者には、クイック アクセスの設定は表示されません。

チャット機能のロックと画面共有機能のロック: ブレイクアウト ルームを作成する前に主催者向けの管理機能をオンにし、チャット機能のロックと画面共有機能のロックをオンまたはオフにした場合、その設定はメインのチャットルームとすべてのブレイクアウト ルームに適用されます。ブレイクアウト ルームを作成した後にチャット機能のロックと画面共有機能のロックをオンまたはオフにした場合、その設定はそのブレイクアウト ルームにのみ適用されます。

ブレイクアウト ルームを作成する前に主催者向けの管理機能をオフにすると、チャット機能のロックと画面共有機能のロックはデフォルトでオフになり、後でオンにすることはできません。

ブレイクアウト セッションを編集する、セッションに参加する、セッションから退出する

ブレイクアウト セッションは、作成した後でも変更できます。また、各ブレイクアウト セッションに参加して話し合いの見守りや参加を行うこともできます。
ヒント: ブレイクアウト セッションに参加する前、またはブレイクアウト セッションから退出した後に参加者同士がやりとりしたチャット メッセージを管理者が閲覧することはできません。
  • 参加者のグループまたはブレイクアウト セッションの数に変更を加えるには、セッションを編集 編集 をクリックします。変更を加えたら、[保存] をクリックします。 
    • ヒント: 参加者が別のセッションに移動するには、[参加] をクリックする必要があります。
  • ブレイクアウト セッションに参加するには、目的のブレイクアウト セッション番号の横の [参加] をクリックします。
  • すべてのブレイクアウト セッションから退出してメイン セッションに戻るには、参加中のブレイクアウト セッションの横の [退出] をクリックします。

ブレイクアウト セッションを終了する

  1. [ブレイクアウト セッション] パネルの右上で、[ セッションを閉じる] をクリックします。 
  2. 表示された通知ウィンドウで、[すべて閉じる] をクリックします。
重要: セッションを閉じるボタンをクリックすると、参加者はその 30 秒後にメイン セッションに戻るように求められるため、それまでにブレイクアウト セッションのディスカッションを終了する必要があります。30 秒間待つことなく、直ちにすべてのセッションを閉じる場合は、[ブレイクアウト セッション] パネルの [ セッションを閉じる] をもう一度クリックしてください。すべてのセッションを直ちに閉じた場合も、参加者がメイン セッションに再参加するには、[参加] をクリックする必要があります。  
 

操作手順(ビデオ通話の参加者)

ブレイクアウト セッションに参加する

管理者の方がブレイクアウト セッションを作成し、あなたを招待します。ビデオ通話中は管理者の方も各ブレイクアウト セッションにいつでも入室できます。

  1. パソコンまたはモバイル デバイスで Google アカウントにログインします。
  2. パソコンまたは Meet モバイルアプリからビデオ会議に参加します。生徒の方は、授業用のビデオ会議に参加するで参加方法をご確認ください。
  3. 管理者の方からブレイクアウト セッションに招待されると、画面にメッセージが表示されます。[参加] をクリックします。[キャンセル] をクリックすると、メイン セッションに参加したままになります。 
    • ヒント: スマートフォンからダイヤルインした場合は、*2 をタップする操作でブレイクアウト セッションに参加したり、ブレイクアウト セッション間を移動したり、メイン セッションに戻ったりできます。
  4. ブレイクアウト セッションに参加すると、他の参加者と会話したり、チャット メッセージをやりとりしたりできます。

ブレイクアウト セッションを使用する際のヒント

  • 管理者の方があなたを別のブレイクアウト セッションに移動すると、画面に新しいメッセージが表示されます。移動先のブレイクアウト セッションに切り替えるには、[参加] をクリックします。
  • 管理者の方がタイマーを設定している場合、画面上部にブレイクアウト セッションの残り時間が表示されます。
  • 管理者の方がセッションを終了するか、タイマーの設定時間になると、その 30 秒後に自動的にメイン セッションに戻るため、それまでにブレイクアウト セッションのディスカッションを終了する必要があります。
  • ブレイクアウト セッション中にサポートが必要になった場合は、以下の手順でサポートをリクエストできます。 
    • パソコン: 画面右上で [サポートをリクエスト] をクリックします。サポートが不要になった場合は、[サポートのリクエストをキャンセル] をクリックします。
    • モバイル: 右下のメニュー アイコン その他 右矢印 [サポートをリクエスト] をタップします。サポートが不要になった場合は、[サポートのリクエストをキャンセル] をタップします。
    • 現在のところ、ダイヤルインしたユーザーがサポートをリクエストすることはできません。

メイン セッションに戻る

ビデオ通話中に、ブレイクアウト セッションから退出してメイン セッションに戻ることができます。

  • パソコンの場合: 画面上部の [メイン セッションに戻る] をクリックします。
  • モバイル デバイスの場合: 画面上部の [メイン セッションに戻る] をタップします。

管理者の方がすべてのブレイクアウト セッションを終了すると、メイン セッションに戻ることを伝えるメッセージが各参加者の画面に表示されます。[メイン セッションに戻る] をクリックします。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false