提出物の独自性レポートを作成する

この記事は生徒用です。

教師が課題の独自性レポートを有効にしていれば、生徒は課題を提出する前にレポートを使用して、提出物に引用表記のない部分や意図しない盗用がないかを確認することができます。独自性レポート機能を使用すると、提出物の Google ドキュメントや Google スライドのファイルとインターネット上のウェブページや書籍とが比較されます。

生徒が作成したレポートを教師が見ることはできません。生徒が課題を提出すると、アサインメントは教師だけが閲覧できるレポートを自動的に作成します。生徒がファイルの提出を取り消して再提出すると、教師用の独自性レポートがもう一度作成されます。管理者が校内での一致を有効にしている場合、教師用のレポートには、校内や学区内の生徒の以前の提出物との照合結果も反映されます。さらに、以下の条件をすべて満たす場合は、提出物が校内での一致用のコーパスにコピーされ、他の生徒の提出物との比較が可能になります。

  • 校内での一致がドメインで有効になっている
  • 課題の独自性レポートが有効になっている
  • ファイル形式がサポートされている

対応言語

独自性レポートは、次の言語に設定された Google Workspace for Education アカウントでのみご利用いただけます。
  • アラビア語
  • 中国語(簡体)
  • 中国語(繁体)
  • デンマーク語
  • オランダ語
  • 英語
  • フィリピン語
  • フィンランド語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • ヘブライ語
  • ヒンディー語
  • インドネシア語
  • イタリア語
  • 日本語
  • 韓国語
  • マレー語
  • ノルウェー語
  • ポーランド語
  • ポルトガル語
  • ルーマニア語
  • スペイン語
  • スウェーデン語
  • タイ語
  • ウクライナ語

提出物の独自性レポートを作成する

教師が課題で独自性レポートを有効にしている場合、生徒は自分の提出物に対して 5 回までレポートを作成できます。

  1. 学習管理システムに移動します。
  2. 該当するコースをクリックします。
  3. 目的の課題 次に [課題を表示] をクリックします。
  4. [あなたの課題] セクションで、ファイルをアップロードまたは作成します。
  5. [独自性レポート] の横にある [実行] をクリックします。
    : [独自性レポート] が表示されない場合、教師が課題で独自性レポートを有効にしていない可能性があります。
  6. ファイル名の下にある [独自性レポートを表示] をクリックしてレポートを表示します。
  7. (省略可)独自性レポートを保存または印刷するには、上部の印刷アイコン  をクリックして次のいずれかを行います。
    • PDF 形式で保存する
    • Google ドライブに保存する
    • レポートを印刷する

注: 独自性レポートを作成するため、ドキュメントのファイルサイズが 2MB を超えないようにする必要があります。

関連トピック

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
7670020383858296284
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
false
false