地図データのインポートと変更

以下の機能は Google Earth プロでのみご利用いただけます。

スプレッドシートからデータをインポートする

スプレッドシートから場所データをインポートすることで、緯度と経度の情報を Google Earth に追加できます。その際には、各行に個別の座標情報が入力されている、区切り形式のテキスト ファイルを使用します。テキスト ファイルからインポートされたすべての場所は、Google Earth の目印に変換され、[場所] に一覧表示されます。

CSV ファイルを使って経度と緯度を追加する

サンプル CSV ファイルをダウンロードするか、独自の CSV ファイルを使用して、データのインポートを練習できます。手順は次のとおりです。

  1. パソコンで Google Earth プロを開きます。
  2. [ファイル] 次へ [インポート] をクリックします。
  3. CSV ファイルの保存場所を参照して開きます。
  4. 表示されるボックスの [フィールド タイプ] の横にある [区切り] を選択します。
  5. [区切り] の横にある [コンマ] を選択します。
  6. プレビュー パネルでデータが正しくインポートされたことを確認して、[次へ] をクリックします。
  7. [このデータセットには緯度/経度情報は含まれていませんが、番地は含まれています] チェックボックスをオフのままにします。
  8. スプレッドシートで緯度と経度のデータが含まれているフィールドを選択し、[次へ] をクリックします。
    (省略可)データセットの各フィールド タイプを指定します。
  9. [完了] をクリックします。データのジオコーディングが開始されます。
  10. [はい] をクリックして、スタイル テンプレートを使用します。
  11. [OK] をクリックします。
  12. 新しいスタイル テンプレートを作成するか、以前に生成したテンプレートを使用します。

目印の名前、色、アイコン、高さを調整できます。ここでの選択内容を保存しておけば、次回からテンプレートとして使用できます。

住所のインポート

Google Earth プロに住所をインポートすると、世界中のさまざまな場所を表示できます。インポートした住所は、Earth で目印に変換されます。

住所のインポートに関するガイドライン
  • インポートできるのは、アメリカ合衆国、イギリス、カナダ、フランス、イタリア、ドイツ、スペイン国内の住所のみです。
  • 私書箱を含む住所は使用できません。
  • 1 つの住所フィールド: 1 つのフィールドで、郵便番号、国、都道府県、市区町村、および番地を指定できます。
  • 複数の住所フィールド: 複数のフィールドに分けて、郵便番号、国、都道府県、市区町村、および番地を指定することもできます。
  • 部分住所のデフォルト値: ポイントに住所の一部のみが指定されている場合は、データのインポート ウィザードを使用して、足りないフィールド(都道府県や郵便番号など)にデフォルト値を指定できます。
CSV ファイルから住所データをインポートする

サンプル CSV ファイルをダウンロードするか、独自の CSV ファイルを使用して、データのインポートを練習できます。手順は次のとおりです。

  1. パソコンで Google Earth プロを開きます。
  2. [ファイル] 次へ [インポート] をクリックします。
  3. CSV ファイルの保存場所を参照して開きます。
  4. 表示されるメッセージの [フィールド タイプ] の横にある [区切り] を選択します。
  5. [区切り] の横にある [コンマ] を選択します。
  6. プレビュー パネルでデータが正しくインポートされたことを確認します。
  7. [次へ] をクリックします。
  8. [このデータセットには緯度/経度情報は含まれていませんが、番地は含まれています] チェックボックスをオンにして、[次へ] をクリックします。
  9. [住所は複数のフィールドに分かれています] を選択します。
  10. [住所フィールドを選択] で、それぞれの名前が正しいことを確認して、[次へ] をクリックします。
  11. フィールドのリストと各フィールドに指定されたデータタイプを確認して、[戻る] をクリックします。
  12. [完了] をクリックします。データのジオコーディングが開始されます。
  13. [はい] をクリックして、スタイル テンプレートを使用します。
  14. [OK] をクリックします。

テンプレートをファイル(.kst)として保存しておけば、次回から再利用できます。

Google Earth の 3D ビューアに、インポートした住所データがアイコンとして表示されます。他の目印と同じように、これらの目印もプロパティを編集できます。

インポート エラーの解決
  • 「住所 2」が含まれる住所と含まれない住所が混在しているファイルを読み込むと、プレビュー パネルで市区町村や都道府県のデータが間違った列に表示される場合があります。 この問題を解決するには、[連続した区切り文字を 1 つの文字として処理する] チェックボックスをオフにします。
  • Google Earth で住所を座標に変換できずエラーが発生する場合は、データを編集するか、Google Earth のインポート設定を変更します。
  • インポートしたデータは [場所] パネルの [保留] フォルダにあります。インポートしたデータを保存する場合は、Google Earth を終了する前にデータをこのフォルダからドラッグし、[ファイル] 次へ [保存] 次へ [「お気に入り」を保存] をクリックします。

画像のインポート

GIS 画像ファイルを開き、3D ビューアの特定の地図座標に重ねて投影できます。NAD83 図法を使用するファイルは、Google Earth ではサポートされていません。

  • GeoTiff ファイルや圧縮 Tiff ファイルを含む TIFF(.tif)
  • National Imagery Transmission Format(国内映像伝送フォーマット)(.ntf)
  • Erdas Imagine 画像(.img)

その他の画像ファイル

正確な位置に配置されるよう座標を手動で編集した画像をインポートすることもできます。画像ファイルを正確に再投影するには、投影情報を正しく指定する必要があります。

  • Portable Network Graphic(.png)
  • Joint Photographic Expert(.jpg)
  • Atlantis MFF Raster(.hdr)
  • PCIDSK Database File(.pix)
  • Portable Pixmap Format(.pnm)
  • デバイス独立ビットマップ(.bmp)
GIS 画像を開く

GIS 画像を Google Earth で開き、地図画像に重ねて表示できます。

  1. パソコンで Google Earth プロを開きます。
  2. [ファイル] 次へ [開く] をクリックします。インポートするファイルを選択します。オーバーレイ編集ウィンドウが表示されます。
  3. 新しいオーバーレイは、[場所] パネル内の任意のフォルダに配置できます。
  4. GIS 画像のプロパティを選択します。
  • 再投影された画像は、オーバーレイとして保存されます。画像は、ハードドライブの Google Earth ディレクトリに保存されます。PNG ファイルの名前は、ソースファイル名と、オーバーレイの読み込み時に選択した縮小パラメータや切り取りパラメータを元に決定されます。(画像の縮尺や切り取りの詳細については、下記の説明をご覧ください。)
  • 大きな画像ファイルは、再投影に時間がかかる場合があります。 入力画像の切り取りや縮尺を行った場合、あるいはテクスチャ メモリを消費する画像を再投影している場合、進行メーターが表示されます。この操作はいつでもキャンセルできます。
  • 投影情報が含まれていない画像は、通常のオーバーレイ ファイルとして処理されます。 オーバーレイ画像と同じように、手動で画像を配置できます。
  • 不適切な投影情報や、サポートされていない投影情報を含む画像はインポートされません。 再投影できず、画像がインポートされないことを示すダイアログ ボックスが表示されます。
GIS 画像を保存する

画像データをインポートすると、インポートした GIS データに加えた変更を保存できます。

インポートした画像を [お気に入り] フォルダに移動する。画像オーバーレイが [お気に入り] フォルダに配置されている場合は、そのオーバーレイへの変更はすべて自動的に保存され、Google Earth の起動時に表示されます。

画像オーバーレイを KMZ ファイルとして保存する。インポートした画像を [お気に入り] フォルダから削除する場合:

  1. 目的のアイテムを右クリックし、プルダウン メニューから [名前を付けて場所を保存] を選択します。
  2. GIS オーバーレイを KMZ ファイル形式で、コンピュータのハードドライブやその他のアクセス可能な場所に保存します。
  3. [お気に入り] リストからオーバーレイを削除しても、必要に応じて開くことができます。

ベクターデータのインポート

ポイント、ライン、パス、ポリゴンを含むファイルを地図にインポートできます。

  1. Google Earth プロを起動します。
  2. [ファイル] 次へ [開く] をクリックします。
  3. インポートするファイルの形式を選択するか、[すべてのデータのインポート形式] を選択します。

ベクター要素をインポートすると、ベクター要素が 3D ビューアに表示され、インポートしたファイルは [保留] フォルダの下にリスト表示されます。

スタイル テンプレートを使用しておらず、データに [名前] が含まれていない場合は、テキストが含まれる最初のフィールドがラベルとして使用されます。

サードパーティのベクターデータを使用する

ほとんどのサードパーティ製 GIS ベクターデータは、複数のサポート ファイルで構成されます。データが期待どおりに 3D ビューアで表示されない場合、サポート ファイルが足りない可能性があります。

ベクター ファイルと必要なサポート ファイル:

  • MapInfo(TAB)
    • マップ ID
    • .DAT ファイル
  • ESRI シェイプ(SHP)
    • SHX インデックス
    • PRJ(投影が WGS84 でない場合に必要)
    • DBF(属性データ)
  • 汎用テキスト ファイル
汎用テキスト ファイルをインポートする

独自のポイントデータを定義し、汎用テキスト ファイルとしてインポートできます。

汎用テキスト ファイルは以下の要件を満たす必要があります。

  • 列に名前が付けられており、列内の値がコンマ、スペース、またはタブで区切られている。
  • CSV 形式か TXT 形式で保存されている。
  • 以下のいずれかを使用して座標を指定している。
    • 度分秒(DMS)
    • 小数度(DDD)
    • 度分(DMM)
  • 1 つ以上のフィールドで、地球上のポイントの場所を指定している。
  • 1 つのファイルで、地理座標と住所フィールドが混在していない。

緯度と経度を使用して、テキスト ファイル内のポイントデータの位置を指定できます。

オプションの説明フィールド

カスタムデータ ファイルでは、任意の数のフィールドを使用して、Google Earth プロのポイントにラベルや説明を付けることができます。

オプションのフィールドはテキストや文字列として定義できます。

  • 文字列フィールドには英数字を入力できます。
  • 文字列は、数値と見なされないように、引用符で囲むか空白スペースを含めます。

スタイル テンプレートを使用すると、各フィールド タイプを使って定義した値に基づいたグラフの作成やデータの色分けなど、3D ビューアでの視覚的効果を持たせることができます。

  • 整数
  • 浮動小数点の値

スタイル テンプレートの適用

ベクターデータに、3D ビューアで表示するフィールドを含むスタイル テンプレートを適用できます。

  • スタイル テンプレートは、ベクターデータ ファイルでインポートしたものなど、拡張スキーマデータを含む目印にのみ適用できます。
  • データが正しく表示されるようテンプレートの設定を調整している場合は、同じフィールドを含む異なるデータに同一のスタイル テンプレートを使用できます。

スタイル テンプレートを適用するには:

  1. データを [場所] パネルにインポートした後、データフォルダを選択して、[編集] 次へ [スタイル テンプレートを適用] をクリックします。
  2. [既存のテンプレートを使用する] をクリックします。
  3. [互換性のあるテンプレート] リストで、データセットに適用するスタイル テンプレートを選択します。
  4. [選択したテンプレートを編集する] 次へ [OK] をクリックして、スタイル テンプレートを編集します。
  5. [名前] で、データの名前(ラベル)として使用するデータ内のフィールドを選択します。注: この名前は、3D ビューアおよびデータポイントがリスト表示される [場所] パネルに表示されます。
  6. データ要素を色スタイルにマッピングするには、[] をクリックします。
  7. データ要素をアイコンにマッピングするには、[アイコン] をクリックします。
  8. データ要素に高さ値をマッピングするには、[高さ] をクリックします。
  9. [OK] をクリックします。

データと定義した値が 3D ビューアに表示されます。

さまざまなアイテムへのデータ フィールドのマッピング

色スタイルをマッピングする

インポートしたデータでは、特定のフィールドに色を適用できます。次のように、データのタイプに応じてアイテムに色が適用されます。

  • ポイントデータの場合は、アイコンに色が付けられます
  • ラインやパスに適用すると、ラインに色が付けられます
  • シェイプデータの場合は、塗りつぶしポリゴンに色が付けられます

色スタイルを活用しつつ、データセット全体のデータタイプとフィールド データに合わせて、各要素にわかりやすい色を付けます。

すべてのアイテムに単一色を使用する

インポートしたデータのすべてのポイントやラインに同じ色を使用する場合は、[単一色を使用する] オプションを選択して、オプションの隣にある色付きのボックスをクリックします。カラーパレットから色を選択するか、独自の色を定義してデータに適用します。

ランダムな色を使用する

Google Earth プロがランダムに選んだ色を使用する場合は、[ランダムな色を使用する] を選択します。ポイントデータにアイコンを指定している場合は、アイコンの既存の色にもランダムな色が追加されます。

フィールドの値を基にして色を設定する

データセットでアイテムを比較する場合は、色を使って異なるフィールドの値を定義します。

:

  • 不動産物件の面積に基づいて色の範囲を設定する
  • 平均世帯収入を示すシェイプ ファイルに色の範囲を設定する

スタイル テンプレートの適用の手順 1~6 を行います。

  1. [色] タブで、[フィールドから色を設定する] を選択します。[色フィールドの選択] から、色を選択します。数値フィールドかテキスト フィールドを選択できます。
  2. 色の範囲を変更するには、それぞれの色のブロックをクリックして希望の開始色と終了色を設定します。2 色間の範囲が自動的に計算されます。
  3. 一定範囲の数値フィールドをグループ化するには、バケット数を選択します。
  4. 色のバケットに基づいて場所のデータ要素を表示するには、サブフォルダを作成します。色グループの表示 / 非表示を切り替えるには、フォルダの横にあるチェックボックスを使用します。注: 色やアイコンの表示に割り当てられるのは 1 つのサブフォルダのみです。
  5. 色の範囲と要素の割り当ての順序を逆にするには、[逆順] をクリックします。
  6. [OK] をクリックして、スタイル テンプレートを保存します。
ポイントデータにアイコンをマッピングする

データ内のフィールドにアイコンを適用できます。アイコンはラインやシェイプデータにマッピングすることはできません。

次のいずれかの方法でポイントにアイコンをマッピングできます。

  • すべてのアイテムに同じアイコンを使用する
  • フィールドからアイコンを設定する

データ内のフィールドにアイコンを適用する

インポートした目印のアイコンをデータ フィールド別にカスタマイズします。

スタイル テンプレートの適用の手順 1~6 を行います。

  1. [フィールドからアイコンを設定する] を選択します。アイコンラベルを適用するフィールドを選択します。
  2. 一定範囲の数値フィールドをグループ化するには、バケット数を選択します。リストから、定義した各バケットにアイコンを選択します。
  3. 色のバケットに基づいて場所のデータ要素を表示するには、サブフォルダを作成します。色グループの表示 / 非表示を切り替えるには、フォルダの横にあるチェックボックスを使用します。注: 色やアイコンの表示に割り当てられるのは 1 つのサブフォルダのみです。
  4. バケット アイコン要素を個別に変更するには、バケットをクリックし、値や値の範囲を調整します。注: データの配分方法を必要に応じて調整するには、数値バケットの設定を変更します。
  5. [OK] をクリックして、スタイル テンプレートを保存します。
高さ値をマッピングする

高さ値を設定すると、地表レベルから各データ要素に定義した高さにポイント、ラインやシェイプを移動できます。

  • ラインやシェイプに高さをマッピングした場合、移動した部分にも [色] タブで定義した色が付けられます。
  • ポイントデータに高さをマッピングしてポイントを移動した場合は、上昇した高さにあるアイコンと地上が色付きの単一ピクセルのラインで結ばれます。ラインの幅と色を変更するには、スタイル設定を使用します。

テキスト フィールドの高さ値

マッピングするフィールドにテキストデータが含まれている場合は、最初の 8 つの一意のフィールドがそれぞれ独自のバケットで定義されます。8 つ以下の一意の値を含むフィールドにのみ高さ値をマッピングします。

数値フィールドの高さ値

数値データ フィールドに高さ値をマッピングする場合、以下のいずれかの方法でマッピングできます。

  • 連続: フィールドの最小値と最大値に基づいて、セット全体の表示高さの最小値と最大値が決まります。この方法は、ポイントやシェイプ間の区別を簡単に視覚化できる小さいデータセットで使用します。
  • バケットに分割: データに最大 8 つの高さグループを作成します。この方法は、高さ値が連続してマッピングされた場合に、高さの違いが 3D ビューアで確認しにくい大きなデータセットで使用します。
マッピング ポイントのスタイル設定を編集する

各ポイントのスタイル設定を編集してラインの太さを変更すると、3D ビューアでデータポイントとラインを分かりやすく表示できます。

  1. 変更するポイントにカーソルを合わせ、[プロパティ](Windows と Linux の場合)または [情報を取得](Mac の場合)をクリックします。
  2. [スタイル、色] で、必要に応じてポイントの外観を変更します。
  3. [OK] をクリックします。

注: 大きなデータセットの場合は、フォルダやサブフォルダ全体に変更を適用します。

フィールド タイプの選択

データセットの特定のフィールドに色、アイコン、高さマッピングを使用する場合、バケットの数を定義して、異なる範囲のデータを表示できます。色、アイコン、または高さの値をマッピングする場合、データから 2 つのフィールド タイプを選択できます。

テキスト(文字列)フィールド

フィールド タイプに数値以外のデータが含まれている場合、最初の 8 つの一意のテキスト フィールドがスタイルにマッピングされます。データに含まれる一意の値が 8 つ以下の場合、各値にはそれぞれ異なる色、アイコン、高さが割り当てられます。一意の値が 8 つ以上含まれる場合、最初の 8 つがスタイルにマッピングされ、残りの値はグループ化されて 9 番目のスタイルにマッピングされます。そのため、一意のセットの数が少ないテキスト フィールドにスタイルを適用すると便利です。

数値フィールド

数値データ フィールドは、選択した数のバケットのそれぞれに同数のアイテムが含まれるよう自動的に配分されます。バケット数を変更すると、各バケットに配分される要素数が自動的に再計算されます。

フィールドの形式エラーを修正する

表計算アプリケーションを使用してデータを作成する場合は、数値セル形式を選択します。表計算アプリケーションで保存した CSV ファイルに数値フィールドが含まれていても、[スタイル テンプレート] ウィザードで数値として認識されない場合は、形式が間違っている可能性があります。

フィールドの形式がテキストか数値かを確認するには:

  1. テキスト エディタで CSV ファイルを開いて問題のあるフィールドを確認します。
  2. フィールドが二重引用符で囲まれている場合は、囲まれているのが数値だけでも、テキストとして定義されています。
  3. ファイルで引用符を手動で削除するか、スプレッドシート アプリケーションを開いてセルの形式を数値に設定します。
  4. CSV データを保存し直します。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。