過去のイメージを表示する

Google Earth では自動的に最新のイメージが表示されますが、タイムラインで地図の過去のイメージを表示して、経時的な変化を確認できます。

  1. Google Earth を開きます。
  2. 目的の場所を見つけます
  3. [表示] 次に [過去のイメージ] をクリックするか、3D ビューアの上にある時計ボタン Time をクリックします。

ヒント

  • ズームインまたはズームアウトすると、タイムラインの始めと終わりの日付が変わります。
  • 動画を録画する場合、時間スライダは使用できません。
  • 複数のデータセットを選択すると、時間スライダにすべてのデータセットの時間がまとめて表示されます。

データをインポートして過去のイメージを表示する

特定の期間の GPS トラックや、時間情報を含む他のデータをインポートすると、タイムラインでイメージを表示できます。

  1. GPS データまたは時間に関連する他のデータをインポートします。
  2. [場所] パネルで、インポートしたデータを選択します。3D ビューアの上部に時間スライダが表示されます。時間範囲は選択したデータの範囲に対応しています。
  3. タイムライン上の線は、地図のイメージを表示できる日付を示しています。次のように別の期間のイメージを確認することもできます。
    • 時間の長さを変更する場合は、範囲マーカーを左右にドラッグします。
    • 時間範囲を前後に移動する場合は、時間スライダを左右にドラッグします。範囲マーカーは時間スライダに合わせて移動するので、時間範囲は変わりません。
    • タイムラインの対象期間を短くするにはズームイン、長くするにはズームアウトします。タイムラインの始めと終わりの日付が変わります。

1 日の時間帯を変更する

景観イメージに太陽や太陽光の効果を表示できます。

太陽光機能を有効にする

太陽光ボタン Sunlight をオンにすると、現在表示している場所のその時点での日照レベルを確認できます。

注: 時間スライダが表示されます。

  • 時間帯を変更する場合は、時間スライダを左右にドラッグします。表示している場所と時期によっては、東の方角に日の出、西の方角に日没を見ることができます。
  • 景観イメージに太陽光のアニメーションを表示する場合は、時間スライダの再生ボタンをクリックします。
  • 太陽を隠す場合は、太陽光ボタン Sunlight をオフにします。

注: 峡谷や山岳地帯を表示する際にこの機能を使用すると、印象的な効果が得られます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。