Google ドライブでフォルダを共有する

職場や学校で Google ドライブをさらにご活用いただくには、Google Workspace の無料試用にお申し込みください

フォルダを共有すると共有相手は次のことを行えるようになります。

  • 整理、追加、編集: Google アカウントにログインすると、フォルダ内のファイルを開くことができ、編集、削除、移動できます。フォルダにファイルを追加することもできます。
  • 閲覧のみ: 共有相手はフォルダを表示でき、フォルダ内のすべてのファイルを開けます。

フォルダの共有の詳細

  • 共有または共有を解除するフォルダに多数のファイルやサブフォルダがある場合は、すべての権限が変更されるまでに時間がかかることがあります。一度に多数の編集権限や閲覧権限を変更する場合も、変更が反映されるまでに時間がかかることがあります。

ヒント: その間に、新しい共同編集者にフォルダのアクセス権を付与するには、フォルダ内の深い階層にネストされたファイルの共有 URL を使用してください。

  • 保存容量は、フォルダのオーナーではなく、ファイルをアップロードしたユーザーに対してカウントされます。
  • 大規模なフォルダ構造を管理する場合は、子フォルダと親フォルダの権限が異なる場合があります。子フォルダに継承された権限は、親フォルダとは異なるようにオーバーライドできます。親フォルダから継承された権限を、子フォルダから削除することもできます。

共有相手を選択する

特定のユーザー

ファイルと同様、特定のユーザーのみとフォルダを共有するよう選択できます。

  1. パソコンで drive.google.com を開きます。
  2. 共有するフォルダをクリックします。
  3. 共有アイコン Add approver をクリックします。
  4. 共有相手のメールアドレスまたは Google グループを入力します。
  5. フォルダに対する共有相手のロールを指定するには、[閲覧者]、[閲覧者(コメント可)]、[編集者] のいずれかを選択します。
  6. 通知を送信するかどうかを選択します。
    • アイテムを共有したことを共有相手に通知する場合は、[通知を送信する] の横にあるチェックボックスをオンにします。メールで通知する場合は、入力したすべてのメールアドレス宛てに通知メールが送信されます。共有相手に通知しない場合は、チェックボックスをオフにします。
  7. [送信] または [共有] をクリックします。
フォルダへの一般的なアクセスを許可する

フォルダに誰でもアクセスできるようにするか、フォルダへのアクセス権のあるユーザーのみに制限するかを決定できます。リンクを知っている全員にアクセスを許可した場合は、誰でもフォルダを開くことができます。

  1. パソコンで drive.google.com を開きます。
  2. 共有するフォルダをクリックします。
  3. 共有アイコン Add approver をクリックします。
  4. [一般的なアクセス] で下矢印アイコン 下矢印 をクリックします。
  5. フォルダへのアクセスを許可するユーザーを選択します。
    • ヒント: 職場または学校の Google アカウントを使用している場合は、ファイルやフォルダをご自分の部署などの特定の対象に限定して共有できます。対象名にカーソルを合わせると、各対象の説明が表示される場合があります。
  6. フォルダに対する共有相手のロールを指定するには、[閲覧者]、[閲覧者(コメント可)]、[編集者] のいずれかを選択します。
特定のユーザー グループ

Google グループと共有する

ファイルやフォルダを個別のユーザーではなく Google グループと共有できます。グループにメンバーを追加すると、グループで閲覧、使用できるファイルやフォルダに対する権限がそのメンバーに付与されます。グループからメンバーを削除すると、そのメンバーはこれらのファイルやフォルダに対する権限を失うことになります。

  1. Google グループを作成します。
  2. グループにメンバーを追加します。
  3. ファイルやフォルダをグループと共有します。

注: グループメンバーが招待状またはリンクからファイルやフォルダを開くと、[共有アイテム] に表示されるようになります。

共有フォルダの共有権限を変更する

共有ファイルの編集、コメント、表示について

フォルダを共有すると、新しい共有設定がフォルダ内のファイルやサブフォルダにも適用されます。フォルダを共有する方法によっては、共有相手が内部のファイルにアクセスできるようになります。

  • 編集者: 共有相手はフォルダ内のすべてのファイルを開くことができ、編集、削除、移動できます。フォルダにファイルを追加することもできます。
  • 閲覧者(コメント可): 共有相手はフォルダ内のファイルへのコメントや提案はできますが、フォルダ内のアイテムの変更や他のユーザーとの共有はできません。
  • 閲覧者: 共有相手はフォルダを表示でき、フォルダ内のすべてのファイルを開けます。

フォルダを共有した後で、内部のファイルの共有方法を変更することもできます。

別のユーザーをフォルダのオーナーにする

フォルダのオーナー権限を譲渡しても、内部のファイルは元のオーナーが所有したままになります。複数のフォルダのオーナーを変更する手順は次のとおりです。

  1. パソコンで drive.google.com を開きます。
  2. オーナーを変更するフォルダを選択します。
    • 複数のフォルダを選択するには、Shift キーを押したまま複数のフォルダをクリックします。
  3. 右上の共有アイコン Add approver をクリックします。
  4. ユーザー名の右にある下矢印アイコン 下矢印 をクリックします。
  5. [オーナー権限を譲渡] をクリックします。
  6. [はい] をクリックします。

フォルダのオーナーを別のユーザーに変更した後でも、その新しいオーナーによってアクセス権限が変更されない限り、フォルダを編集できます。

共有フォルダから削除されたファイル

誰かが共有フォルダからファイルを削除すると、そのファイルにアクセスできるのはオーナーのみになります。

共有フォルダから削除されたファイルを復元する手順は次のとおりです。

  1. パソコンで drive.google.com を開きます。
  2. 上部にある [ドライブを検索] をクリックします。
  3. ファイルの名前を入力します。
  4. 該当するファイルを右クリックします。
  5. 「マイドライブに追加」アイコン マイドライブに追加 をクリックします。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
99950
false
false