Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのサイズ制限

ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションの作成や、ファイルのアップロードには、いくつかの制限があります。たとえば、作成するかアップロードするファイルのサイズが 1TB を超えると、Google ドライブ内で表示することはできません。また、ファイル形式にも制限があります。詳しくは、下記をご覧ください。

ドキュメント: 1,024,000 文字。ページ数やフォント サイズは関係ありません。アップロードして Google ドキュメントの形式に変換できるドキュメント ファイルの最大サイズは 10 MB です。

スプレッドシート: 400,000 セル、1 シートあたり 256 列まで。アップロードして Google スプレッドシートの形式に変換できるスプレッドシート ファイルの最大サイズは 20 MB です。また、400,000 セル以内、1 シートあたり 256 列以内にする必要があります。

スプレッドシートのサイズ制限についての詳細

サイズの制限に近づくと、次のどの制限に近づいているのかを示すメッセージが、スプレッドシートの上部に表示されます。

  • セルの数: 全シートで合計 400,000 セル
  • 列の数: 1 シートあたり 256 列
  • 数式の数: 数式が含まれているセルが 40,000 セル
  • タブの数: ワークブックあたり 200 シート
  • GoogleFinance 数式: GoogleFinance 数式が 1,000 個
  • ImportRange 数式: ワークブック間の相互参照数式が 50 個
  • ImportData、ImportHtml、ImportFeed、ImportXml formulas: 外部データに対する関数が 50 個
  • 複雑な計算: VLOOKUP と HLOOKUP の数式は、他の関数よりも複雑になる傾向があり、スプレッドシートの計算が遅くなる場合があります。VLOOKUP や HLOOKUP からデータ ポイントを取得した後、それらを [値のみ] として貼り付け直して、スプレッドシートのサイズを小さくしてみてください。
スプレッドシートには、全体的なストレージの上限があります。一部のスプレッドシートは、400,000 セルの上限に到達する前にストレージの上限に達する可能性があります(特に、大量のテキストが挿入されている場合)。このような場合、スプレッドシートはデータの損失を防ぐために、読み取り専用モードになります。

これらのサイズの制限は、フォームの回答を収集するスプレッドシートにも影響します(アンケートを送信する場合など)。フォームに入力できる回答の数を決定する際、フォームに含まれる質問の数と、スプレッドシート内の他のデータ セルの数を考慮する必要があります。

詳しくは、Google スプレッドシートの数式の複雑さの制限事項についての記事をご覧ください。

上記のすべてのスプレッドシートの制限は、Google スプレッドシートの新バージョンでは解除されています。Google スプレッドシートの新バージョンでは、データが含まれているセルが 2 百万個までサポートされますが、サイズの非常に大きなスプレッドシートは動作が遅くなる可能性があることがあります。詳しくは、Google スプレッドシートの新バージョンへの切り替えについての記事をご覧ください。

プレゼンテーション: Google スライドで作成できるプレゼンテーションは最大 50 MB です。これはおよそ 200 スライドに相当します。アップロードして Google プレゼンテーションの形式に変換できるプレゼンテーション ファイルの最大サイズは 50 MB です。

図形描画: サイズ制限は特にありません。

その他のファイル: アップロードしても Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドの形式に変換されないファイルの最大サイズは、それぞれ 1TB です。

各ユーザーには、Google ドライブ、Gmail、Google+ フォト共通で 15 GB の保存容量が無料で提供されています。追加の保存容量を購入することもできます。