Google ドライブの安全性

職場や学校で Google ドライブをご利用の場合、フィッシングやマルウェアの有無を確認するために、組織外のユーザーから共有されたファイルの審査が自動的に行われます。フィッシングやマルウェアが検出された場合、ユーザー保護のために、そのファイルへのアクセスがブロックされます。管理者の方が、組織内で共有されたファイルに対しても同じ保護設定を有効にしていることがあります。

利用規定に違反している Google ドライブ ユーザーが特定された場合、Google は直ちにそのユーザーのアカウントを停止する権限を有します。問題が組織全体にわたる場合、Google はそのアカウント全体を停止し、すべての Google Workspace サービスへの管理者アクセスを拒否する権限を有します。このような措置をとる場合は、メイン管理者の予備のメールアドレス宛てにお知らせをお送りします。

Google ドライブにアップロードしたファイルは、安全なデータセンターに保管されます。

  • パソコン、スマートフォン、タブレットを紛失、破損した場合でも、他の端末からファイルにアクセスできます。
  • ファイルは共有しない限り非公開となります。

Google ドライブのファイルが公開されないようにするには:

Google アカウントのセキュリティを強化する
  • パソコンを共有で使用する場合は、作業を終えたら Google アカウントからログアウトします。
  • バックアップと同期やドライブ ファイル ストリームは、共有や公共のパソコンにインストールしないことをお勧めします。そのパソコンを使用する誰もがファイルにアクセスできる可能性があります。
  • Google アカウントのセキュリティに関する詳細もご覧ください。
他のユーザーによるファイルへのアクセスを管理する

Google ドライブに保存したファイルは、明示的に共有しない限り非公開となります。共有する方法は次のとおりです。

  • リンクを使用して特定のユーザーだけがアクセスできるようにする。
  • ファイルを公開して誰もがアクセスできるようにする。

詳しくは、インターネットの安全な利用についてのページをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
99950
false