動画ファイルに字幕トラックを追加する

字幕を追加すると動画コンテンツの視聴者層が広がり、聴覚に障碍がある視聴者や使用言語が異なる視聴者にも動画を楽しんでもらうことができます。

次の 2 種類の字幕ファイルを使用できます。

  • 字幕ファイル(推奨): テキストのほかに、動画に合わせて字幕を表示するタイミングを指定するために必要な情報を含むファイルです。
  • 文字起こしファイル: テキストのみを含むファイルです。文字起こしファイルをアップロードした場合、テキストを表示するタイミングは動画プレーヤーによって指定されます。文字起こしファイルの処理には時間がかかります。また処理は英語と日本語でのみ可能です。
字幕ファイルを準備する

字幕はどの形式でもアップロードできますが、サポートされているのは SubRip(*.SRT)と SubViewer(*.SUB)のみです。

字幕を読みやすくするための方法をご紹介します。

  • [音楽][笑い] のように角かっこで囲んだ説明を加えます。これによって、聴覚に障碍がある視聴者にも動画で何が起きているかが伝わりやすくなります。
  • 行の先頭に >> を付けて、話し手が変わったことを示します。

上記のファイルは、専用のソフトウェアを入手して自分で作成できるほか、字幕作成会社に代行してもらうこともできます。字幕ファイルや文字起こしファイルの作成方法はこちらをご覧ください。

字幕をアップロードする

アップロードした動画に字幕を追加できます。

  1. パソコンで drive.google.com にログインします。
  2. 字幕を追加する動画ファイルをクリックします。
  3. その他アイコン その他 次に [字幕トラックを管理] をクリックします。
  4. [新しいキャプション トラックを追加] をクリックします。
  5. [ファイルを選択] をクリックして、字幕ファイルか文字起こしファイルを選択します。
  6. 字幕の言語を選択し、トラックに名前を付けます。
  7. [アップロード] をクリックします。
字幕トラックを編集する
  1. パソコンで drive.google.com にログインします。
  2. 編集する字幕トラックを含む動画ファイルをクリックします。
  3. その他アイコン その他 次に [字幕トラックを管理] をクリックします。
  4. 編集する字幕トラックをクリックします。
  5. [編集] をクリックします。
  6. トラック名や言語を編集したり、動画の字幕のオンとオフを切り替えたりすることができます。
  7. [保存] をクリックします。
字幕を削除する
  1. パソコンで drive.google.com にログインします。
  2. 削除する字幕トラックを含む動画ファイルをクリックします。
  3. その他アイコン その他 次に [字幕トラックを管理] をクリックします。
  4. 削除する字幕トラックの横にある削除アイコン 削除 をクリックします。
  5. [削除] をクリックします。
字幕を翻訳する

動画にアップロードした字幕トラックを翻訳できます。

  1. パソコンで drive.google.com にログインします。
  2. 翻訳する字幕トラックを含む動画を開きます。
  3. 右下の設定アイコン 設定 をクリックします。
  4. 言語リストの一番下までスクロールして [自動翻訳] をクリックします。
  5. リストから言語を選択します。
字幕の共有設定

動画の共有設定は、字幕にも適用されます。動画の編集権限を持っているユーザーは、動画の字幕のアップロードやダウンロード、編集も行えます。詳しくは、Google ドライブのファイルの共有に関する記事をご覧ください。

字幕に関するエラー メッセージ

ファイルのアップロード中にエラーが表示された場合は、以下の点をご確認ください。

  • ファイル形式。サポートされているのは SubRip(*.SRT)と SubViewer(*.SUB)のみです。
  • ファイルサイズ。ファイルサイズは 2 MB 未満とする必要があります。
  • 動画と比較した長さ。ファイルが動画より長いと、自動同期機能が正しく動作しません。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。