Google アカウント アクティビティについて

2021 年 6 月 1 日より、以下のサービスに新しいサービス ポリシーが適用されます。

  • Google フォト
  • Gmail
  • Google ドライブ(Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard、Google サイトのファイルを含む)

新しいポリシーは、ユーザーが長期間利用していない Google サービスに影響します。新しいポリシーの適用は、早くても 2023 年 6 月 1 日以降になる予定です。

サービスをしばらく利用していない場合

Gmail、Google ドライブ(Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard、サイトのファイルを含む)、または Google フォトを 2 年間利用していない場合、そのサービスからすべてのコンテンツから削除される可能性があります。コンテンツが削除される前に、Google は以下のことを行います。

  • Google サービス内での通知およびメールでお知らせします。コンテンツが削除の対象となる 3 か月以上前にご連絡します。
  • 削除を回避できる機会を提供します(該当するサービス内で操作を行う)。
  • Google のサービスからコンテンツをダウンロードする機会を提供します。詳しくは、Google データをダウンロードする方法 をご覧ください。

Google One をご利用で、未払いのお支払いや容量超過の問題がない場合、アカウントは有効な状態であるとみなされます。

重要: たとえば、フォトは 2 年間ご利用がなく、ドライブと Gmail ではご利用が確認されている場合、Google フォトのコンテンツのみが削除され、Gmail と Google ドライブのコンテンツ(Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard のファイルなど)は削除されません。

サービス内のデータを有効な状態で維持する方法

データを有効な状態で維持するには、Gmail、Google フォト、Google ドライブ(Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard、サイトなどの共同編集用コンテンツ作成アプリを含む)をウェブまたは Google アプリで定期的に利用するのが最も簡単です。その際は、アカウントにログインし、インターネットに接続した状態でご利用ください。

お使いのデバイスで複数のアカウントを設定している場合はご注意ください。操作はデバイスごとではなくアカウントごとに判断されるため、有効な状態を維持したいすべてのアカウントで、これらのサービスを使用している必要があります。

操作の例

Gmail

  • Android 版、iOS 版、またはウェブアプリの Gmail にログインし、オンラインで次のような操作を行います。
    • 受信トレイを表示する
    • メールを開く
    • メールを送信する
    • アーカイブ、削除、ラベルを付ける、既読にする、スターを付けるなど、メールに対する操作を行う
    • Android 版または iOS 版の Gmail アプリで受信トレイのバックグラウンド同期を実行する
  • API またはサードパーティのメール クライアント経由でメールにアクセスし、次のことを行う:
    • メールを読み込む
    • メールを送信する
    • アーカイブ、削除、ラベルを付ける、既読にする、スターを付けるなど、メールに対する操作を行う
  • メール転送を有効にする、または有効なままにする

Google ドライブ(Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard、サイトなどの共同編集用コンテンツ作成アプリを含む)

  • 認証されている使用方法。以下に例を示します。
    • Android、iOS、ウェブでドライブを読み込む
    • ドライブでアドオンやサードパーティ製アプリケーションを使用する
    • ドライブ ファイル ストリームやバックアップと同期などの同期クライアントを使用して、ユーザーのデバイスのコンテンツを同期する
    • 別のアプリからドライブを使用する(ドライブのファイルをメールに添付する、ドライブ内のファイルをプレビューするなど)
    • ドライブに保存したファイルの操作(作成、編集、表示、共有、コメントなど)を行う
    • Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard、サイトなどの共同編集用コンテンツ作成アプリを使用する

Google フォト

  • Android 版またはウェブアプリの Google フォトにログインし、オンラインで次のような操作を行います。
    • バックアップしたギャラリーを表示する
    • 写真や動画を共有する
    • アルバムやフォトブックを作成する
  • 写真や動画をバックアップする

よくある質問

これらのポリシーは、一般ユーザー向けアカウントだけでなく G Suite または Google Workspace アカウントにも適用されますか?
いいえ。G Suite や Google Workspace のアカウントには、これらのポリシーは適用されません。
データが削除される前に連絡はありますか?
ご利用のアカウントがこのポリシー変更の対象となりコンテンツが削除される可能性がある場合は、少なくとも 3 か月前にメールおよび通知でお知らせします。詳しくは、Google アカウントのメールアドレスの管理をご確認ください。
2 年に 1 度必ず利用するかどうかわかりません。その場合、どうすればよいですか?

ライフイベントなどの影響で、スマートフォンやパソコンを長期間利用しない場合もあることを承知しております。そのため、アカウントが使用されていないと判断する前に 2 年間の猶予期間を設けています。

一定の期間アカウントを利用しない可能性があるときは、アカウントのデータを管理する手段としてアカウント無効化管理ツールの使用をご検討ください。このツールを使うと、アカウントに関するリマインダーを受信できるだけでなく、ご自分が使用できなくなった場合のアカウントの取り扱いについても管理できます。また、アカウントの使用を停止した場合に(データが削除対象となる前でも)ご自分のデータをダウンロードできる、信頼できる連絡先を設定しておくことも可能です。

また、事前にデータをダウンロードすることで、いつでもバックアップできます。

亡くなった家族のコンテンツを保管するにはどうすればよいですか?

多くの方々がご自身のオンライン アカウントの管理方法について明確な指示を残さないままお亡くなりになっています。Google では、状況に応じてご家族や代理人の方と連絡を取り、故人のアカウントのコンテンツを提供する場合もあります。詳しくは、故人のデータに関するリクエストを行う際の手続きについての説明をご覧ください。

長期間アカウントを利用しない場合や死去した場合のご自分のデータの取り扱いについて事前に Google にお知らせいただく方法は、アカウント無効化管理ツールについての説明でご確認ください。  

  • 注: アカウント無効化管理ツールの設定は、長期間利用のないアカウントおよび保存容量の超過に関するポリシーに優先するものではありません。
長期間使用していないアカウントのパスワードを忘れた場合、どのようにログインすればよいですか?
使用頻度の低いアカウントのパスワードを忘れた場合は、Google アカウントの復元ページにアクセスして本人確認を行い、パスワードを再設定してください。アカウント復元に関するヒントで、ログインに役立つ詳細情報をご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
99950
false