自分のドメインで Gmail カスタム アドレスを設定するときに発生する問題

重要: G Suite は Google Workspace に名称が変わりました。すべてを 1 か所で行うことができます。詳細

ドメインに対するメールを持っていた場合、Gmail カスタム アドレスを構成するうえでいくつかの競合が障害になることがあります。

一般的な競合には、次のようなものがあります。

Gmail カスタム アドレスの設定の問題を解決する

Gmail カスタム アドレスの障害の原因になる一般的な競合を解決する方法:

自分のドメインに現在の Google Workspaceがある:

現在 Google Workspace アカウントがあるドメインには、Gmail カスタム アドレスを設定できません。

  1. ドメインから Google Workspace を削除します。
  2. ドメインを削除するか Google Workspace をキャンセルしたら、下記の手順に沿って、Google Workspace 合成レコードが残っていないことを確認して、残っている場合は削除します。

既存の Google Workspace 合成レコード:

  1. Google ドメインにログインします。

  2. 競合を起こしているドメインの [DNS] タブ をクリックします。
  3. [合成レコード] までスクロールして、Google Workspace 合成レコードを探します。
  4. 見つけたら、削除します。

: Google Workspace アカウントが残っている場合は、合成レコードを削除する前に、そのアカウントを削除または一時停止してください。Google Workspace アカウントは、管理コンソールで削除または一時停止できます。

リソース レコードの競合:

  1. まだログインしていない場合は、Google Domains にログインします。

  2. 競合を起こしているドメインの [DNS] タブ をクリックします。
  3. [リソース レコード] までスクロールして、次のレコードのいずれかがないか検索します。
    • ルート(@)MX レコード
    • DKIM TXT レコード(キーが 「._domainkey」)
    • DMARC の TXT レコード(キーが 「_dmarc」)
    • ルート(@)spf TXT レコード
    • ルート(@)spf SPF レコード
  4. 削除するレコードの横の [削除] をクリックして削除します。

Google のネームサーバーを使用しない:

  1. Google ドメインにログインします。

  2. 競合を起こしているドメインの [DNS] タブ をクリックします。
  3. [ネームサーバー] までスクロールします。
  4. [Google Domains のネームサーバーを使用する] を選択して、[保存] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。