G Suite 向けにメールのセキュリティを設定する

ヒント: Google Domains 以外のドメイン プロバイダで SPF TXT レコードを追加するには、SPF レコードを使用したドメインの保護をお読みください。

Google Domains では、ドメインの G Suite メール アカウント用の SPF 検証と DKIM 署名を自動的に構成できます。

  1. Google Domains で、自分のドメインの [DNS] タブに移動します。
  2. [合成レコード] までスクロールします。
  3. G Suite 合成レコードを探して、そのエントリの右側の [編集] をクリックします。
  4. [メール] チェックボックスはオンのままにします。これをオフにすると、ドメインで G Suite メールが無効になります。
  5. [メール] の横の三角形をクリックして、使用するメール機能を選択します。
    • [MX レコード] - ドメインのメールが自分の G Suite アカウントに届くように、Google Domains に MX(Mail Exchange)リソース レコードを作成します。G Suite メールを使用する場合は、チェックボックスをオンのままにします。詳しくは、MX レコードをご覧ください。
    • [SPF の検証] - ドメインの SPF(Sender Policy Framework)レコードを作成します。SPF レコードは DNS(Domain Name Service)レコードの一種で、ドメインの代理としてメール送信が許可されているメールサーバーを特定します。SPF レコードを記述することで、ドメインの差出人アドレスを偽装した迷惑メールの送信を防止できます。SPF レコードの詳細をご覧ください
    • [DKIM 署名] - 差出人アドレスのなりすましを防ぐために G Suite が送信メールにデジタル署名を添付できるようにするために必要な TXT レコードを作成します。[DKIM 署名] を選択した場合は、G Suite で DKIM を構成する必要があります。詳しくは、G Suite ヘルプセンターの DKIM についてをご覧ください。
  6. [保存] をクリックします。

カスタム URL について詳しくは、G Suite ヘルプセンターをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。