Google ワークスペースの登録を一時停止する

G Suite は Google Workspace に名称が変わり、仕事に必要なすべてのツールが 1 つに統合されました。詳しくは、Google Workspaceをご覧ください

Google Workspace の登録を一時停止すると、請求も即座に停止します。すべてのデータは保持されますが、ユーザーはサービス、ドキュメント、メールにアクセスできなくなります。ドメイン外の共同編集者は、引き続き共有ドキュメントや共有ファイルにアクセスできます。

Google Workspace の登録を一時停止しても、Google Domains のサービスに影響はありません。

また、Google Workspace アカウントをキャンセルして削除すると、ユーザーのメール、連絡先、ドキュメント、その他のデータが完全に削除されます。

  1. Google Domains にログインします。
  2. ドメインを選択します。
  3. メニュー メニュー を開きます。
  4. [メールアドレス] をクリックします。
  5. [Google Workspace のユーザーの追加または削除] の横にある [サブスクリプションの管理] をクリックします。
  6. [サブスクリプションの停止] の横にある [停止] をクリックします。
  7. ダイアログ ボックスで、登録の停止を確定します。

Google Workspace の再有効化

登録を再開すると、最後に請求した日からサービスを停止した日までの Google Workspace サービスに対して請求されます。アカウントを再開するには、この残高をお支払いいただく必要があります。

  1. Google Domains にログインします。
  2. ドメインを選択します。
  3. メニュー メニュー を開きます。
  4. [メールアドレス] をクリックします。
  5. [Google Workspace のユーザーの追加または削除] の横にある [サブスクリプションの管理] をクリックします。
  6. [サブスクリプションの再有効化] の横にある [再有効化] をクリックします。
  7. アカウントを再度有効にする手順に沿って操作します。

登録を再開した日が、新しい毎月のお支払日になります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
93020
false