検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

合成レコード

始める前に...

レコードとネームサーバー

Google Domains で設定したレコードは、Google のネームサーバーを使用している際にのみ機能することにご注意ください。カスタム ネームサーバーを使用している場合は、メッセージが [DNS] タブ の上部に表示されます。リソース レコードやワイルドカード レコードは、DNS プロバイダで設定する必要があります。

 

合成レコード

合成レコードは Google Domains に固有の概念です。Google Domains では複数のリソース レコードが必要なタスクを実行します。たとえば G Suite との統合が必要なドメインやサブドメインをマッピングしたり、メール転送エイリアスを作成したり、ドメインとサードパーティ ウェブホストとの統合に必要なすべてのリソース レコードを追加したりします。Google Domains の [DNS] タブ で直接設定できる合成レコードもあり、ウェブ転送、メール転送、サードパーティ ウェブホストやウェブサイト デベロッパーとの統合を設定する際に自動的に設定される合成レコードもあります。

[DNS] タブ  で直接作成したり編集したりできる合成レコードには次のものがあります。

  • App Engine - サブドメインが Google App Engine でホストされているアプリに送られるよう指定します。
    : App Engine 合成レコードはサポートされなくなりました。既存の App Engine 合成レコードには変更はありません。App Engine 合成レコードを削除することは可能ですが、その他の変更を加えることはできません。
    お使いのドメインは、Google App Engine と引き続き統合することができます。App Engine との統合をご覧ください。
  • ダイナミック DNS - ドメインまたはサブドメインに、IP アドレスが動的に割り当てられるリソースを指定します([DNS] タブ で設定します)。
    詳しくは、ダイナミック DNSをご確認ください。
  • G Suite - G Suite と統合します([DNS] タブ  で設定します)。
    詳しくは、G Suite との統合をご確認ください。
  • サブドメイン転送 - サブドメインを指定された URL に転送します([DNS] タブ  で編集します)。
    詳しくは、サブドメイン転送をご覧ください。

自動的に設定される合成レコードには次のものがあります。

  • メール転送 - 既存のメール アドレスに転送されるメール エイリアスを作成します([メールアドレス] タブ で設定します。メール転送をご確認ください)。
  • ウェブ転送 - www やルートドメインが指定された URL に送られるよう指定します([ウェブサイト] タブ で設定します。ウェブ転送をご確認ください)。
  • Shopify - ドメインを Shopify でホストされているサイトと統合します([ウェブサイト] タブ で設定します。ウェブ プレゼンスをご確認ください)。
  • Squarespace - ドメインを Squarespace でホストされているサイトと統合します([ウェブサイト] タブ で設定します。ウェブ プレゼンスをご確認ください)。
  • Weebly - ドメインを Weebly でホストされているサイトと統合します([ウェブサイト] タブ で設定します。ウェブ プレゼンスをご確認ください)。
  • Wix - ドメインを Wix でホストされているサイトと統合します([ウェブサイト] タブ で設定します。ウェブ プレゼンスをご確認ください)。

合成レコードを追加するには:

  1. [DNS] タブ で、[合成レコード] までスクロールします。
  2. [App Engine]、[G Suite]、または [サブドメイン転送] レコードタイプを選択します。
  3. 残りのフィールドに値を入力するか、または希望する G Suite 機能やサブドメインを選択し、[追加] をクリックします。

リソース レコード セットが作成され、合成レコードが実装されます。

合成レコードの各タイプの設定を確認する手順については以下をご覧ください。

合成レコードのリストでレコードの横にある [削除] または [編集] をクリックして、いつでもレコードを変更または削除できます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。