リソース レコード

Google Domains では、DNS リソース レコードと DNS ワイルドカード レコードをサポートしています。これらのレコードにはすべて Name、Type、TTL、Data フィールドがあります(リソース レコードについてをご覧ください)。

リソース レコードとネームサーバー

Google Domains で設定したレコードは、Google のネームサーバーを使用している際にのみ機能することにご注意ください。カスタム ネームサーバーを使用している場合は、[DNS] セクションの上部にメッセージが表示されます。リソース レコードやワイルドカード レコードは、DNS プロバイダで構成する必要があります。

リソース レコードに関するその他の情報

レコードセット

Google Domains では、見やすく管理しやすくするため、レコードがグループ化され複数のセットが作成されます。レコードセットは、名前、タイプ、TTL が同じでデータ値が異なる 1 つ以上のレコードで構成されます。

レコードを作成する際に名前とタイプが同じセットが存在する場合、該当のレコードはそのセットに追加され、TTL が更新されます。一致するセットがない場合、新しいセットが作成され、レコードセットのリストに追加されます。

リソース レコード

DNS リソース レコードによってドメインに関する情報が提供され、ドメインをサポートするコンポーネントが定義されます。リソース レコードはネームサーバーに保存され、DNS 照会時にアクセスされます。詳しくは、また具体例について、リソース レコードについてでご確認ください。


リソース レコードを追加する方法は次のとおりです。

  1. Google Domains にログインします。
  2. ドメイン名を選択します。
  3. メニュー メニュー を開きます。
  4. [DNS] をクリックします。
  5. [カスタム リソース レコード] セクションまでスクロールします。
  6. [+] アイコンと [追加] ボタンを使用して、グレーの四角で囲まれた領域でフィールド値を追加します。

リソース レコードを編集する方法は次のとおりです。

  1. セットの横にある [編集] ボタンをクリックします。セット内のすべてのレコードが編集可能になります。
  2. レコードを追加するには [+] アイコンをクリックします。単一のレコードを削除するには [x] アイコンをクリックします。
  3. [保存] ボタンをクリックします。

    (上述のとおり、グレーのボックスを使用してレコードを追加することもできます。一致するセットが存在する場合は、そのセットにレコードが追加されます)

重要: ユーザーが DNS レコードを更新すると、変更内容がインターネット全体に反映されるまで最長で 24~48 時間ほどかかります。この間に IP アドレスを解決しようとすると、インターネット ユーザーそれぞれに異なる結果が表示されることがあります。


リソース レコードを削除する方法は次のとおりです。

  1. [削除] ボタンをクリックして、セット内のすべてのレコードを削除します。
  2. ポップアップで、確認のためもう一度 [削除] をクリックします。

    (上述のとおり、単一のレコードを削除するには、[編集] ボタンと [x] アイコンを使用します。)

ワイルドカード レコード

DNS ワイルドカード レコードは、定義されたリソース レコードがサブドメインに存在しない場合に、そうしたサブドメインと一致させるために使用されます。DNS ワイルドカード レコードは、DNS リソース レコードと Google Domains 合成レコード向けに作成することができます。詳しくは、また具体例について、ワイルドカード レコードについてでご確認ください。

NS(ネームサーバー)リソース レコードについて

NS リソース レコードについて次の点にご注意ください。

  • ルートドメイン(@ や example.com)を識別する NS リソース レコード - このレコードをユーザーが作成することはありません。また、[DNS] の [カスタム リソース レコード] セクションに表示されることもありません。その代わり、Google Domains のネームサーバーを使用している場合は Google Domains によって、カスタム ネームサーバーを使用している場合は DNS プロバイダによって自動的に管理されます。[DNS ] の [ネームサーバー] セクションには、ネームサーバー識別子(ns-zdns-dev-1.prod.google.com)のみが表示されます。識別子を変更(Google のネームサーバーからカスタム ネームサーバーに切り替え)することはできますが、NS レコード自体は変更できません。詳しくは、ネームサーバーについての説明をご覧ください。
  • サブドメイン(info.example.com、support.example.com など)を識別する NS リソース レコード - このレコードは、[DNS] の [カスタム リソース レコード] セクションで [NS] タイプを選択してユーザーが作成します。作成したレコードは [カスタム リソース レコード] セクションに表示され、編集や削除を行うことができます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。