BigQuery サンドボックスを使用する

Google スプレッドシートで BigQuery データにアクセスするための要件は次のとおりです。

  • Enterprise Plus、G Suite Enterprise for Education、Enterprise Standard、Enterprise Essentials のいずれかのアカウント。
  • BigQuery にアクセスできること。
  • 請求先情報を設定済みの BigQuery プロジェクト。

上記の要件を満たしていない場合は、BigQuery サンドボックスを使用する方法があります。BigQuery サンドボックスであればアカウントをアップグレードしなくても、制限付きながら Google スプレッドシートで BigQuery に無料でアクセスできます。BigQuery サンドボックスの使用方法またはアカウントのアップグレード方法をご確認ください。

BigQuery サンドボックスのデータの上限

サンドボックスでは、1 か月あたり 10 GB のアクティブ ストレージと 1 TB のクエリデータ処理を利用できます。詳しくは、BigQuery サンドボックスの上限についての記事をご覧ください。 
 
データの上限に達した場合は、アカウントをアップグレードする方法をご確認ください

関連記事

Google スプレッドシートで BigQuery データを使ってみる
Google スプレッドシートで BigQuery データを並べ替え、フィルタする
Google スプレッドシートで BigQuery データを分析、更新する
Google スプレッドシートで BigQuery データを使用してクエリを作成、編集する
Google スプレッドシート内の BigQuery データに関する問題を修正する

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
35
false