コネクテッド シートを使用して Google スプレッドシートで BigQuery データを分析、更新する

Google スプレッドシートでは、BigQuery データに対して関数、グラフ、抽出、ピボット テーブルを使用したり、BigQuery データを更新したりすることができます。

重要: Google スプレッドシートで BigQuery のデータにアクセスするには、BigQuery と、Enterprise Plus、G Suite Enterprise for Education、Enterprise Standard、Enterprise Essentials のいずれかのアカウントへのアクセス権が必要です。BigQuery の使用を開始する方法をご確認ください

  1. パソコンの Google スプレッドシートで、BigQuery データに接続されているスプレッドシートを開きます。
  2. 上部の [グラフ] をクリックします。
  3. 配置する場所を選択します。
  4. [作成] をクリックします。
  5. 右側で他の設定を選択します。
  6. 右下の [適用] をクリックします。

詳しくは、Google スプレッドシートのグラフについての記事をご覧ください。

ヒント: 最新の BigQuery データに基づいてグラフを更新するには、グラフの下部にある [更新] をクリックします。

ピボット テーブルを追加する
  1. パソコンの Google スプレッドシートで、BigQuery データに接続されているスプレッドシートを開きます。
  2. 上部の [ピボット テーブル] をクリックします。
  3. 配置する場所を選択します。
  4. [作成] をクリックします。
  5. 右側で設定を選択します。
  6. 右下の [適用] をクリックします。

ヒント:

  • 現在、ピボット テーブルは最大 30,000 件の結果を処理できます。
  • ピボット テーブルに表示するデータの量を制限するには、返される行または列の数を指定します。[並べ替え] と [順序] を更新して、返される行または列を指定します。
  • SUM 数式またはカスタム数式を使用して計算フィールドを追加するには、サイドパネルで [値] の横にある [追加] 次に [計算フィールド] をクリックします。詳しくは、ピボット テーブルに計算フィールドを追加する方法をご覧ください。
  • 最新の BigQuery データに更新するには、ピボット テーブルの下部にある [更新] をクリックします。
  • 特定の範囲内の値を区間ごとに表示するには、ヒストグラムのグループ化を使用します。最大値よりも大きい値と最小値よりも小さい値は、まとめてグルGoogle グループープ化されます。
関数を使用する

一部の関数は BigQuery データに対して使用できます。

  1. パソコンの Google スプレッドシートで、BigQuery データに接続されているスプレッドシートを開きます。
  2. 上部の [関数] をクリックします。
  3. リストから関数を選択します。
  4. 関数を配置する場所を選択します。
  5. [作成] をクリックします。
  6. 参照列を選択し、他に必須パラメータがあれば追加します。
  7. Enter キーを押します。
  8. 数式を含むセルにカーソルを合わせ、[変更を適用] をクリックします。


ヒント: セル内に関数を入力することもできます。

データを抽出する

データをオフラインで分析したり、関数内の個別の値と範囲を参照したりすることができます。最大 25,000 行または 10 MB の BigQuery データを取得できます。この上限を超えると、最初の 25,000 行のみが表示されます。

  1. パソコンの Google スプレッドシートで、BigQuery データに接続されているスプレッドシートを開きます。
  2. 上部の [抽出] をクリックします。
  3. 配置する場所を選択します。
  4. [作成] をクリックします。
  5. 右側の [抽出データエディタ] で、列、フィルタ、並べ替えの設定を追加します。
  6. 抽出データの左下にある [変更を適用] をクリックします。
データセット内のすべての行に計算を追加し、列の統計情報を表示する

計算された列を追加することで、すべての行に計算を適用できます。

  1. パソコンの Google スプレッドシートで、BigQuery データに接続されているスプレッドシートを開きます。
  2. 上部の [計算された列] をクリックします。
  3. 列名とサポートされているスプレッドシート関数を使用して数式を入力します。「=単価 * 数量」のように基本的な数式を使用することも、「=RIGHT(orderId, 4)」のようにテキストを操作することもできます。
  4. [追加] をクリックします。
  5. シートの左下にある [適用] をクリックします。

ヒント: 列の統計情報を表示するには、列の右上にある下矢印 Down arrow and then [列の統計情報を表示] をクリックします。

サポートされる関数
論理関数
  • IF(ゼロ除算などの潜在的エラーの検出に使用できます)
  • AND
  • OR
  • NOT
テキスト関数
  • LEFT、RIGHT、MID
  • UPPER、LOWER
  • LEN
  • CONCAT(&)
基本的な計算
  • +、-、*、/
  • マイナス記号(-)、パーセント記号(%)

数学関数

  • ROUND
  • POW / POWER(^)
  • SQRT
  • ABS
  • LOG、LN、LOG10

日時

  • DATE、TIME
  • YEAR、MONTH、DAY
  • HOUR、MINUTE、SECOND
比較
  • =、<>
  • >、>=、<、<=
集計
  • SUM
  • SUMIF
  • SUMIFS
  • COUNT
  • COUNTIF
  • COUNTIFS
  • COUNTUNIQUE
  • COUNTUNIQUEIFS
  • MIN
  • MINIFS
  • MAX
  • MAXIFS
  • AVERAGE
  • AVERAGEIF
  • AVERAGEIFS
  • VAR
  • VARP
  • STDEV
  • STDEVP

その他

  • ISBLANK(指定した引数が NULL かどうかを返します)

データを更新する

BigQuery のデータとコネクテッド シートとの同期は、自動的には行われません。同期するにはデータを更新します。その際、更新対象として、個別のアイテム、データソース内の全アイテム、または全データソース内の全アイテムを指定できます。データソースに接続すると、そのデータと、そのデータに関連付けられているすべてのオブジェクト(グラフ、関数、抽出、ピボット テーブルなど)を更新できます。 
  1. パソコンの Google スプレッドシートで、BigQuery データに接続されているスプレッドシートを開きます。
  2. 下部の [更新] の横にあるその他アイコン その他 次に [更新オプション] をクリックします。
  3. 右側の [更新オプション] で、更新するアイテムをクリックします。すべてのデータを更新するには、右下の [すべて更新] をクリックします。
更新を設定する
スケジュールされた更新では、事前に指定した時刻にすべてのオブジェクトとデータソースが更新されます。
重要:
  • スケジュールされた更新は、スケジュールを設定したユーザーとして実行されます。別のユーザーが既存のデータソースを追加または更新すると、スケジュールは自動的に停止します。停止を解除するには、スケジュールのオーナーに連絡するか、更新を引き継ぎます。
  • ステータスがプレビューまたはエラーのオブジェクトは、スケジュールされた更新では更新されません。
  1. パソコンの Google スプレッドシートで、BigQuery データに接続されているスプレッドシートを開きます。
  2. 下部の [更新] の横にあるその他アイコン その他 次に [更新オプション] をクリックします。
  3. 右のサイドバーの下部にある [更新を設定] の [今すぐ設定] をクリックします。
  4. 更新間隔を選択します。
  5. [保存] をクリックします。
スケジュールされた更新を引き継ぐ

スケジュールされた更新を、元のオーナーではなく自分で行うには、更新を引き継ぎます。

  1. パソコンの Google スプレッドシートで、BigQuery データに接続されているスプレッドシートを開きます。
  2. 下部の [更新] の横にあるその他アイコン その他 次に [更新オプション] をクリックします。
  3. 右側のサイドバーの下部にある [更新を設定] の [編集] をクリックします。
  4. 更新頻度を選択します。
  5. [保存] をクリックし、スケジュールされた更新のオーナー権限を取得します。

次へ: スプレッドシートで BigQuery データを使用してクエリを作成、編集する

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
35
false