Google スプレッドシートで BigQuery データを使ってみる

新しい BigQuery データコネクタであるコネクテッド シートを使用して、数十億行のデータにスプレッドシートからアクセスし、分析、可視化、共有できます。また、コネクテッド シートでは次のこともできます。

  • 使い慣れたスプレッドシートのインターフェースを使用して、パートナー、アナリスト、その他の関係者と共同編集する。
  • CSV 書き出しデータを別途作成することなく、単一の信頼できるデータ分析ソースを利用する。
  • レポートとダッシュボードのワークフローを効率化する。

コネクテッド シートは、手動リクエスト時または指定日時に、BigQuery でクエリを実行します。これらのクエリの結果はスプレッドシートに保存され、分析と共有を行えます。

Google スプレッドシートでの BigQuery データの操作についての動画チュートリアルを見る

ヒント: 従来のデータコネクタを使用していた場合は、抽出データを使用して前のワークフローと同じテーブルビューを作成できます。タイミングを指定してデータを自動更新することもできます。

重要: コネクテッド シートで BigQuery データにアクセスすると、エントリが Cloud Audit Logs に記録されます。このログには、誰がいつデータにアクセスしたのか表示されます。ログレコードにアクセスできるのは、適切な承認を得たユーザーのみです。

監査ログにはスプレッドシート ID が記載されています。スプレッドシートごとに、文字、数字、ハイフン、アンダースコアから成る固有のスプレッドシート ID 値が割り当てられます。スプレッドシート ID は Google スプレッドシートの URL で確認できます。

Cloud Audit Logs の詳細を確認する

Google スプレッドシートで BigQuery データのサンプルを使用する

コネクテッド シートの仕組みを理解するために、一般公開データを使用するスプレッドシート接続の例をご覧ください。

  1. パソコンで Google スプレッドシート テンプレート ギャラリーを開きます
  2. いずれかの接続されたスプレッドシートのサンプルを選択します。

要件

Google スプレッドシートで BigQuery データにアクセスするための要件は次のとおりです。

BigQuery プロジェクトを追加する

重要: Google スプレッドシート内で BigQuery データを変更することはできません。
  1. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。
  2. 上部のメニューで [データ] 次の操作 [データコネクタ] 次の操作 [BigQuery に接続] をクリックします。
  3. プロジェクトを選択します。
  4. テーブルまたはビューを選択します。
    • アクセスできる会社のテーブルのうち任意のもの、または公開データセットから選択します。
  5. [接続次の操作 [分析を開始] をクリックします。

Use Connected Sheets on the Google Sheets app 

モバイル デバイスの Google スプレッドシート アプリでは、次のことが行えます。

  • コネクテッド シートのデータを表示する。
  • 計算された列の数式、フィルタと並べ替え、接続設定を表示する。
  • コネクテッド シートのデータをコピーして貼り付ける。

コネクテッド シートのデータを作成、編集、更新するには、パソコンで Google スプレッドシートを開いてください。

次へ: スプレッドシートで BigQuery データを並べ替え、フィルタする

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
35
false