Google ドキュメントでスマート作成を使用する

Google ドキュメントのスマート作成機能を利用すると、ドキュメント作成をより簡単に行えます。スマート作成は、文章の入力中に、続く言葉の候補が機械学習により提案される機能です。

重要: スマート作成は、職場や学校のアカウントをお使いの場合に、英語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語でご利用いただけます。スマート作成はあくまでも提案機能であり、必ずしも的確な情報が表示されるとは限らないことにご留意ください。

スマート作成をオンまたはオフにする

  1. Google ドキュメントでドキュメントを開きます。
  2. 上部の [ツール] 次に [設定] をクリックします。
  3. スマート作成をオンまたはオフにするには、[スマート作成の候補を表示する] をクリックします。
  4. [OK] をクリックします。

候補を承認または拒否する

スマート作成の候補を適用するには、次のいずれかの操作を行います。

  • Tab キーを押す
  • → キーを押す
  • Android または iOS の場合: 候補のテキストを右にスワイプする

スマート作成の候補を拒否するには、入力を続けてください。

機械学習について

言語理解モデルでは、何十億もの一般的な語句や文章を使用して現実世界の情報を自動的に学習するため、人間の認知バイアスも反映される可能性があることをご理解ください。これにどう対応していくかについては、現在も議論が続いています。Google では、すべてのユーザーが効果的に利用できるサービスを提供することを目指しており、意図しないバイアスや、バイアスを軽減する戦略の研究に積極的に取り組んでいます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。