T.DIST.2T 関数

T.DIST.2T 関数は、値 x に対するスチューデント t 分布の両側確率を返します。 この関数は T.DIST.RT とともに TDIST を置き換えるもので、「尾部」の引数に 2 を指定して TDIST を呼び出すのと同等です。

T.DIST.2T 関数の引数

T.DIST.2T(x, 自由度)

引数 説明
x 必須です。分布を評価するための x 値です。
自由度 必須です。自由度です。

数式の例

例 1: T.DIST.2T(1.96, 60)

例 2: T.DIST.2T(1, 2)

  • 自由度が 1 より小さい場合は、#NUM エラーを返します。
  • x の値が負の場合は、#NUM エラーを返します。
  • TDIST 数式は、T.DIST.RT とともにこの数式に置き換えられます。TDIST 数式を 尾部 = 2 で呼び出すのと同様です。

A1=T.DIST.2T(1.96, 60) の結果
 

  A B
1 0.054644929736529  
2    

A1=T.DIST.2T(1, 2) の結果

  A B
1 0.42264973081037  
2    

関連する関数

  • T.DIST: T.DIST 関数は、値 x に対するスチューデント t 分布の右側確率を返します。
  • T.DIST.RT: 値 x に対するスチューデント t 分布の右側確率を返します。
  • TDIST: 所定の入力データ(x)を用いて、スチューデントの t 分布の確率を計算します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。