RRI 関数

RRI 関数は、投資金額がある特定の期間内に指定された金額になるのに必要な利率を返します。

RRI 関数の引数

RRI(期間数, 現在価値, 将来価値)

引数 説明
期間数 必須です。期間数です。
現在価値 必須です。投資の現在価値です。
将来価値 必須です。投資の将来価値です。

  • 値にはすべて正の値を指定してください。期間数現在価値には 0 より大きい値を指定してください。
  • 将来価値が 0 の場合、返される利率は -1(-100%)です。

RRI 数式
-0.1083343751 =RRI(10.5, 10, 3)
0.2599210499 =RRI(3, 2, 4)
-1 =RRI(1, 10, 0)

関連する関数

  • PDURATION: PDURATION 関数は、指定された利率で投資金額が特定の金額になるまでの期間数を返します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
35
false
false