COVARIANCE.S 関数

COVARIANCE.S 関数は、データセット(母集団全体から抜き取った標本)の共分散を計算します。

COVARIANCE.S 関数の引数

COVARIANCE.S(データ_y, データ_x)

引数 説明
データ_y 依存データの配列または行列を表す範囲です。
データ_x 独立データの配列または行列を表す範囲です。

数式の例

SUM(A1:A10)

SUM(1, 2, 3, 4)

SUM(B1:B5, 10)

メモ

  • の引数にテキストを指定すると、すべて無視されます。
  • 正の共分散は、独立データと依存データが共に同一方向に変化する傾向にあることを示します。
  • 負の共分散は、独立データと依存データが共に反対方向に変化する傾向にあることを示します。一方が増加すると他方が減少します。共分散の大きさは解釈が難しくなります。

  A B
1 データ_1 データ_2
2 2 4
3 5 3
4 7 6
5 1 1
6 8 5
7    
8    
9 共分散 数式
10 4.65 =COVARIANCE.S(A2:A6, B2:B6)
11 7 =COVARIANCE.S({1,3}, {-1,6})

関連する関数

  • COVAR: データセットの共分散を計算します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。