RANDARRAY 関数

RANDARRAY 関数は、0 以上 1 以下の乱数の配列を生成します。 配列のサイズは、指定された行と列の引数によって決まります。

RANDARRAY 関数の引数

RANDARRAY(行数, 列数)

引数 説明
行数 返す行数 [省略可] です。列が指定されている場合は、指定する必要があります。
列数 返す列数 [省略可] です。

数式の例

例 1 RANDARRAY()

例 2 RANDARRAY(4, 2)

  • 行数と列数を省略した場合、RANDARRAY は 1 x 1 のサイズのグリッドを返します。
  • RAND 関数と同様に、Enter キーを押すと RANDARRAY の結果が更新されます。

  A B
1 数式 結果
2 =RANDARRAY() 0.292929292
3    
4    

 

  A B C
1 数式 結果  
2 =RANDARRAY(4,2) 0.35464566 0.124214214
3   0.45674863412 0.4561312
4   0.4565146 0.12645601
5   0.7878945 0.13459698

関連する関数

  • RAND 0 以上 1 未満の乱数を返します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。