VDB 関数

VDB 関数は、特定の期(または期の一部)における資産の減価償却費を返します。

VDB 関数の引数

VDB(費用, 残存価額, 耐用期数, 開始期, 終了期, [逓減率], [切り替えなし])

引数 説明
費用 資産の原価。
残存価額 減価償却が終了した時点での資産の価値(残存価額)。
耐用期数 減価償却を行う期数(資産の耐用年数)
開始期 減価償却費を計算する最初の期。
終了期 減価償却費を計算する最後の期。
逓減率 [省略可] - 定率法で計算する際の率(デフォルトは 2: 倍額定率法)。
切り替えなし [省略可] - 減価償却費が定率法で計算した値より大きくなった場合に定額法に切り替えるかどうかを指定します。

  A B
1 数式 結果
2 =VDB(100, 10, 20, 10, 11, 2, TRUE) $3.49
3 =VDB(100, 33, 20, 10, 11, 2, FALSE) $1.87

関連記事

  • DB: 算術定率法を使用して、特定の期間における資産の減価償却費を計算します。

  • DDB: 倍額定率法を使用して、特定の期間における資産の減価償却費を計算します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
35
false