UNICODE 関数

UNICODE 関数は、テキストの先頭文字に対応する Unicode 値(10 進数)を返します。

UNICODE 関数の引数

UNICODE(テキスト)

引数 説明
テキスト Unicode 値を求める文字を含む文字列を指定します。

数式の例

UNICODE("A")

UNICODE(123)

UNICODE(😀😀😄)

  • UNICODE 関数が正しく機能するのは、入力文字列が空でなく、先頭文字に対応する Unicode 表現がある場合のみです。

  • UNICODE 関数には数字を直接渡すことができます。渡された数字は文字列として解析されます。

UNICODE: 一般的な使用例

  A B
1 結果 数式
2 65 =UNICODE("Alphabet")
3 49 =UNICODE(123)
4 128512 =UNICODE(😀😀😄)

関連する関数

CHAR: 現在のユニコード表に従って、数値を文字に変換します。

CODE: 指定した文字列の先頭文字に対応するユニコード表の数値を返します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
35
false