GAMMA.INV 関数

GAMMA.INV 関数は、指定した確率、α パラメータ、β パラメータに対して、ガンマ累積分布の逆関数の値を返します。

GAMMA.INV 式の引数

GAMMA.INV(確率, α, β)

引数 説明
確率 ガンマ分布の逆関数に代入する値を指定します。
  • 0 以上 1 以下の値を指定してください。
α ガンマ分布の形状パラメータを指定します。
  • 正の値を指定してください。
  • 基準値の符号は無視されます。
β ガンマ分布の尺度パラメータの逆数を指定します。
  • 正の値を指定してください。

数式の例

GAMMA.INV(0.65, 4, 2)

GAMMA.INV(C3, 3, 2)

  • GAMMAINV 関数と GAMMA.INV 関数のどちらを使用しても同じ結果が得られます。

  A B
1 数式 結果
2 =GAMMA.INV(0.3, 5, 1) 3.633609083

関連する関数

  • GAMMA.DIST: ガンマ分布、2 つのパラメータの連続確率分布を計算します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。