PHI 関数

PHI 関数は、正規分布の密度関数で平均 0、標準偏差 1 を指定して数式 で計算した結果の値を返します。

PHI 関数の引数

PHI(x)

引数 説明
x 標準正規分布の関数に代入する値を指定します。  

数式の例

PHI(0.25)

この関数は NORMDIST 関数の特殊なケースで、NORMDIST 関数で平均を 0、標準偏差を 1、関数形式を FALSE に指定した場合と同じ結果になります。

  A B
1 数式 結果
2 =PHI(0.5) 0.3520653268
3 =PHI(1) 0.2419707245
4 =PHI(1.5) 0.1295175957

関連する関数

  • STDEV: 標本に基づいて標準偏差を計算します。
  • NORMDIST: 指定した値、平均値、標準偏差に対する正規分布関数(または正規累積分布関数)の値を返します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。