CSC 関数

CSC 関数は、ラジアンで指定した角度のコセカントを返します。

CSC 関数の引数

CSC(角度)

引数 説明
角度 コセカントを求める任意の実数を指定します。  

数式の例

CSC(PI())

CSC(A1)

CSC(1)

次の例では、ラジアンで指定した角度のコカセントが返されます。

  A B
1 数式 結果
2 =CSC(1) 1.188395106
3 =CSC(-1) -1.188395106
4 =CSC(4) -1.321348709
5 =CSC(0) #DIV/0!

関連する関数

  • COT: COT 関数は、ラジアンで指定した角度のコタンジェントを返します。
  • COTH: COTH 関数は、任意の実数の双曲線コタンジェントを返します。
  • ACOT: ACOT 関数は、値の逆コタンジェントをラジアンで返します。
  • ATANH: 数値の逆双曲線正接を返します。
  • ATAN: 値の逆タンジェントをラジアンで返します。
  • ATAN2: x 軸と、原点 (0,0) から指定した座標点 (`x`,`y`) を通る線との間の角度をラジアンで返します。
  • ASINH: 数値の逆双曲線正弦を返します。
  • ASIN: 値の逆サインをラジアンで返します。
  • SIN: ラジアンで指定した角度のサインを返します。
  • COS: ラジアンで指定した角度のコサインを返します。
  • ACOSH: 数値の逆双曲線余弦を返します。
  • ACOS: 値の逆コサインをラジアンで返します。
  • DEGREES: 角度の値をラジアンから度数に変換します。
  • RADIANS: 角度を度数からラジアンに変換します。
  • PI: 円周率の値を小数点以下 14 桁で返します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。