COMBINA 関数

The COMBINA function returns the number of ways to choose some number of objects from a pool of a given size of objects, including ways to choose the same object multiple times (also known as choosing with replacement).

COMBINA 関数の引数

COMBINA(n, k)

引数 説明
n 選択元の標本の数を指定します。
  • n には 0 以上の値を指定してください。
k 選択する標本の数を指定します。
  • k には 0 以上の値を指定してください。

数式の例

COMBINA(5, 3)

COMBINA(A1, B1)

  • COMBINA 関数内の標本の選択順序は関係ありません。
  • COMBINA(n, k)COMBIN(n+k-1) に相当します。これは「(n+k-1) choose k」、つまり とも表現できます。
  • COMBINA(n, k)FACT(n+k-1)/(FACT(k)*FACT(n-1)) にも相当しますが、引数により大きい数値を使用できます。
  • 小数部が含まれる数値(または数値の参照)を COMBINA に指定すると、計算の前に自動的に小数部が切り捨てられます。
  • 引数 n+k に 1031 以上の数値が含まれる場合、#NUM! エラーが返されます。

次の例は、2 つの標本(たとえば、A と B)から選択する場合に、(A, B)、(A, A)、(B, B)の 3 通りの組み合わせがあることを示します。

  A B
1 数式 結果
2 =COMBINA(2, 2) 3

 

次の例は、5 つの標本から 3 つの標本を選択する場合に、35 通りの組み合わせがあることを示します。

  A B
1 数式 結果
2 =COMBINA(5, 3) 35

関連する関数

  • FACT: 数値の階乗を返します。
  • COMBIN: 指定した数の標本の集まりからいくつかの標本を選択するときの組み合わせの数を返します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
35
false