スプレッドシート上の BigQuery データを分析する

データコネクタを使用して Google スプレッドシート上の BigQuery データにアクセスし、データを分析することができます。

注: スプレッドシートの BigQuery 用データコネクタは、一部の職場や学校のアカウントでご利用いただけます。詳しくは、管理者にお問い合わせください

ステップ 1: 課金プロジェクトを選択、追加する

スプレッドシートで BigQuery プロジェクトを追加、使用するには、BigQuery で次の役割が付与されている必要があります。

  • bigquery.user または
  • bigquery.jobUser と bigquery.dataViewer

権限の変更方法をご覧ください。

プロジェクトを探す

  1. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。
  2. 上部のメニューで [データ] 次に [データコネクタ] 次に [BigQuery] をクリックします。
  3. 「課金プロジェクト」で [プロジェクトを選択] をクリックします。

ステップ 2: クエリを作成、編集する

  1. 課金プロジェクトを選択または追加し、[クエリを入力] をクリックします。
  2. クエリエディタでクエリを入力します。
    • : クエリでスキャンするデータ量をプレビューするには、右下にあるチェックマーク アイコン チェックマーク をクリックします。
  3. エディタの右下にある [結果を挿入] をクリックします。

スプレッドシートと BigQuery のデータを比較する

データを比較するには、データ型を変更する必要があります。たとえば BigQuery で列が文字列データの場合、正しく比較するにはスプレッドシートのデータが書式なしテキストであることを確認します。

スプレッドシートと BigQuery のデータ型が異なる場合は、次の操作が可能です。

注:

  • クエリの実行には、スプレッドシートのオーナーの権限ではなく、自分のスプレッドシートの権限が使用されます。
  • BigQuery ではクエリごとに最大 10,000 行を取得できます。
  • スプレッドシートでは、1 度のクエリで最大 1 TB のデータをスキャンできます。
  • BigQuery で取得したデータは読み取り専用です。
  • BigQuery は標準 SQL のみに対応しています。
クエリにパラメータを追加する

クエリでセルの値を使用するには、パラメータを設定します。

  1. クエリエディタの右側にある [パラメータ] 次に [追加] をクリックします。
  2. パラメータ名と参照するセルを入力します。
  3. [追加] をクリックします。

クエリの更新をスケジュールする

マクロを記録して、特定のタブでクエリを自動的に更新するトリガーを追加できます。

ステップ1: データを更新するマクロを記録する

  1. パソコンで、Google スプレッドシートの BigQuery に接続されているデータを含むスプレッドシートを開きます。
  2. マクロを記録するには別のタブから更新するマクロを指定します。
  3. 記録を開始したら更新するタブに切り替えます。
  4. 左下の [更新] クリックします。
  5. [保存] をクリックします。

ステップ2: マクロをスケジュールする

  1. 上部の [ツール次に [スクリプト エディタ] をクリックします。
  2. 上部の [編集次に [現在のプロジェクトのトリガー] をクリックします。
  3. 右下の [トリガーを追加] をクリックして、オプションを選択します。
  4. [保存] をクリックします。
クエリの例

簡単なクエリ:

SELECT

word,

SUM(word_count) AS word_count

FROM

`bigquery-public-data.samples.shakespeare`

WHERE word IN ('me', 'I', 'you')

GROUP BY word;

パラメータ化クエリ:

SELECT SUM(kw_total)

FROM `bigquery-public-data.sunroof_solar.solar_potential_by_censustract`

WHERE state_name = @STATENAME;

  • パラメータ名「STATENAME」が追加され、セル Sheet1!A3(値「ニューヨーク」)を参照するよう設定されています。

課金プロジェクトや権限を変更する

課金プロジェクトを変更する
  1. クエリエディタの右側にある [クエリ設定] をクリックします。
  2. [課金プロジェクト] でプロジェクトを選択します。
クエリや結果を表示、編集できるユーザーを変更する

実行できる操作は、プロジェクトやスプレッドシートの権限により異なります。

スプレッドシートでのユーザー操作 BigQuery で必要なプロジェクトの役割 スプレッドシートで必要な権限
BigQuery クエリを作成、編集 bigquery.user、または bigquery.jobUser と bigquery.dataViewer オーナー、編集可能
BigQuery クエリを表示 なし オーナー、編集可能、閲覧可能
BigQuery クエリのデータを更新 bigquery.user、または bigquery.jobUser と bigquery.dataViewer オーナー、編集可能
BigQuery クエリから取得したデータを表示 なし オーナー、編集可能、閲覧可能


:

  • クエリはスプレッドシートのオーナー権限ではなく、ユーザーのスプレッドシート権限を使用して実行されます。
  • ドメイン外のユーザーがドメイン所有のスプレッドシートを使用するには、G Suite 管理者の許可が必要です。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。