Google スプレッドシートで Salesforce データをインポート、編集、同期する

職場や学校で Google ドキュメントをさらにご活用いただくには、ぜひGoogle Workspace の無料使用をお申込みください

重要: このアドオンは英語でのみご利用いただけます。

アドオンを取得する

Google スプレッドシートで Salesforce のデータをインポート、更新、削除するには、まずアドオンを設定する必要があります。

手順 1: アドオンをダウンロードする

  1. Google スプレッドシートでシートを開きます。
  2. 上部の [アドオン] 次の操作 [アドオンを取得] をクリックします。
  3. 右上の検索バーで「Data connector for Salesforce」を検索します。
  4. アドオンの横の追加アイコン + をクリックします。

手順 2: Salesforce に接続する

  1. まだの場合は Google スプレッドシートでシートを開きます。
  2. 上部の [アドオン次の操作 [Data connector for Salesforce] 次の操作 [Salesforce にログイン] をクリックします。
  3. [続行] をクリックします。
  4. [許可] をクリックします。
  5. プルダウン メニューから、ログインする Salesforce 環境を選択します。
  6. [承認] をクリックします。
  7. Salesforce のユーザー名とパスワードでログインします。

データをインポート、更新、削除する

データをインポートする

Salesforce から Google スプレッドシートにデータをコピーできます。

  1. Google スプレッドシートでシートを開きます。
  2. 上部の [アドオン次の操作 [Data connector for Salesforce次の操作 [開く] をクリックします。
  3. 右側で次のどちらかのオプションを選択します。
    • [Reports]: 既存の Salesforce レポートをスプレッドシートに取り込みます。
    • [Import]: Google のクエリビルダーまたは SOQL を使用して Salesforce からデータをインポートします。
  4. ソースレポートやオブジェクト、フィールド、フィルタを検索バーに入力します。
    • [Reports]: 既存のシートと新しいシートのどちらにレポートをインポートするのかを選択できます。
    • [Import]: ソースオブジェクト、フィールド、フィルタを 5 個まで追加できます。
  5. [Get data] または [Done] をクリックします。

データを更新、削除する

重要: このアドオンにより、Google スプレッドシートに加えた変更を Salesforce アカウントで更新または削除することも可能になります。慎重に使用してください。

データを更新する

Google スプレッドシートのデータを編集し、その変更内容を Salesforce に転送できます。

  1. Google スプレッドシートでシートを開きます。
  2. 上部の [アドオン次の操作 [Data connector for Salesforce次の操作 [開く] をクリックします。
  3. まだの場合は、変更するデータをインポートします。データをインポートする方法をご確認ください
  4. データを編集します。
  5. 右側の [Update] をクリックします。
  6. 更新する行と列をハイライト表示します。
  7. [Refresh the selected range] をクリックします。
  8. 更新する Salesforce のソース オブジェクトを選択します。
  9. 次のいずれかのオプションを選択します。
    • [Insert]: スプレッドシート内のすべてのデータを新しいレコードとして Salesforce にエクスポートします。
    • [Update]: 既存の Salesforce レコードを更新します。
    • [Insert or Update]: 新しいレコードを作成するか、Salesforce 内の既存のレコードを更新します。
  10. 結果の列を選択します。
  11. [Done] をクリックします。

データを更新する

Google スプレッドシートにインポート済みのレポートについては、データを手動で更新することも、設定したスケジュールで自動更新することもできます。
  1. Google スプレッドシートでシートを開きます。

  2. 上部の [アドオン] 次の操作 [Data connector for Salesforce] 次の操作 [開く] をクリックします。

  3. 右側の [Refresh] をクリックします。

    • 自動更新スケジュールを作成するには、[Create] をクリック 次の操作 プルダウンから間隔(4、8、24 時間)を選択 次の操作 [Create] をクリックします。

    • 手動でデータを一回だけ更新するには、[Refresh] をクリックします。

データを削除する

重要: この機能を使用すると、Google スプレッドシートでハイライト表示したレコードが Salesforce から削除されます。慎重に使用してください。削除したデータを復元する方法については、Salesforce のヘルプセンターをご覧ください。

  1. Google スプレッドシートでシートを開きます。
  2. 上部の [アドオン次の操作 [Data connector for Salesforce次の操作 [開く] をクリックします。
  3. 変更するデータをインポートします。データをインポートする方法をご確認ください
  4. アドオン ボックスで [Delete] をクリックします。
  5. 削除する行と列をハイライト表示します。
  6. [Refresh the selected range] をクリックします。
  7. 削除する Salesforce のソース オブジェクトを選択します。
  8. 主キー列を選択します。
  9. [Delete] をクリックします。

スクリプトとアドオンの詳細

アドオンは Google Apps Script 追加利用規約の対象となります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。