DAYS 関数

DAYS 関数は、2 つの日付間の日数を返します。

DAYS 関数の引数

DAYS(終了日,開始日)

引数 説明

終了日 日付範囲の終了を指定します。  
開始日 日付範囲の開始を指定します。  

数式の例

DAYS("7/24/1969", "7/16/1969")
DAYS(“2/28/2016”, “2/28/2017”)

DAYS 関数は、うるう年を考慮します。

次の例は、同じ月の 2 つの日付間の日数を示しています。

  A

B

1 数式 結果
2 =DAYS("7/24/1969", "7/16/1969") 8


次の例は、うるう年を考慮に入れて、2 つの日付の差を示しています。

  A B
1 数式 結果
2 =DAYS(“2/28/2016”, “2/28/2017”) 366

関連する関数

  • DAY: その月の指定した日付に対応する日を数値形式で返します。
  • DAYS360: 1 年を 360 日として(利率の計算で使用されます)、2 つの日付の間の日数を返します。
  • NETWORKDAYS: 指定した 2 つの日付の間に含まれる就業日数を返します。
true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー