IMPOWER 関数

The IMPOWER function returns a complex number raised to a power.

IMPOWER 式の引数

IMPOWER 式の書式は、=IMPOWER(複素数の底, 指数) です。

引数 説明
複素数の底 指数でべき乗する複素数です。
  • a ∓ bi または a ∓ bj の形式で記述できます。
指数 複素数の底をべき乗する指数です。
  • 数字を入力してください。

数式の例

IMPOWER("4-3i",0.5)

IMPOWER(A2,B2)

IMPOWER("2j",-7)

  • 複素数のべき乗は次のように定義されます。
    • (a+bi)n = rn(cosθ + isinθ)。ただし、
    • r = √(x2 + y2)、θ = arctan(b/a) です。

  A B
1 数式 結果
2 =IMPOWER("5+2i", 3) 65+142i
3 =IMPOWER("-1-j", -1) -0.5+0.5j
4 =IMPOWER("0.732-5.349i", -0.138) 0.776914096672106+0.155872432042838i

関連する関数

COMPLEX: 指定された実部と虚部から複素数を生成します。

IMREAL: 複素数の実部を返します。

IMAGINARY: 複素数の虚部を返します。

POWER: 指数でべき乗した数値を返します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。