Google スプレッドシートでタスクを自動化する

繰り返し実行するタスクをマクロで自動化すると、時間を節約できます。

マクロを作成する

  1. パソコンで、sheets.google.com からスプレッドシートを開きます。
  2. 上部の [ツール] 次に [マクロ] 次に [マクロを記録] をクリックします。
  3. 画面下部で、マクロで使用するセル参照のタイプを選択します。
    • 絶対参照を使用: 記録時に使用したセルでタスクを実行するマクロが作成されます。たとえば、セル A1 を太字にする操作を記録すると、クリックしたセルに関係なくセル A1 を太字にするマクロが作成されます。
    • 相対参照を使用: 選択したセルとその周辺のセルでタスクを実行するマクロが作成されます。たとえば、セル A1 と B1 を太字にする操作を記録すると、作成されたマクロを使用してセル C1 と D1 を太字にすることができます。
  4. 記録するタスクを実行します。完了したら [保存] をクリックします。
  5. マクロに名前を付けてカスタム ショートカットを作成し、[保存] をクリックします。
    • 注: Google スプレッドシートでマクロを作成すると、Apps Script が作成されます。作成された Apps Script を編集するには、上部の [ツール] 次に [スクリプト エディタ] をクリックします。

マクロを実行するには、[ツール] 次に [マクロ] 次に 目的のマクロをクリックします。

マクロを編集する

名前の変更、キーボード ショートカットの追加、スクリプトの編集、マクロの削除ができます。

  1. パソコンで、sheets.google.com からスプレッドシートを開きます。
  2. 上部の [ツール] 次に [マクロ] 次に [マクロを管理] をクリックします。
  3. 変更を加えます。マクロの削除またはスクリプトの編集を行うには、マクロの横にあるその他アイコン その他 をクリックします。
  4. [更新] をクリックします。

マクロをスケジュールする

操作、カレンダーの更新、時間間隔、選択した日時に基づいてマクロを実行するように設定できます。

  1. パソコンで、sheets.google.com からスプレッドシートを開きます。
  2. [ツール] 次に [スクリプト エディタ] をクリックします。
  3. 上部の [編集] 次に [現在のプロジェクトのトリガー] をクリックします。
  4. 右下の [トリガーを追加] をクリックして、オプションを選択します。
  5. [保存] をクリックします。

カスタム関数をインポートする

Google Apps Script で作成したカスタム関数をインポートできます。

  1. パソコンで、sheets.google.com からスプレッドシートを開きます。
  2. 上部の [ツール] 次に [マクロ] 次に [インポート] をクリックします。
  3. インポートする関数の横にある [関数を追加] をクリックします。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。