TEXTJOIN

複数の文字列や配列からのテキストを結合し、結合する各テキストの間に指定された区切り文字を挿入します。

使用例

TEXTJOIN(“ “, TRUE, “hello”, “world”)

TEXTJOIN(“, ”, FALSE, A1:A5)

構文

TEXTJOIN(区切り文字, 空のセルを無視, テキスト1, [テキスト2, ...])

  • 区切り文字 - 文字列、または空白、有効な文字列への参照値です。空白の場合はテキストが連結されます。

  • 空のセルを無視 - ブール値です。TRUE の場合、テキストの引数で選択された空のセルは無視されます。

  • テキスト1 - 任意のテキスト項目で、文字列または範囲内の文字列の配列です。

  • テキスト2, ... [省略可] - 追加のテキスト項目です(複数可)。

関連項目

JOIN: 指定した区切り文字を使用して、1 つ以上の 1 次元配列の要素を結合します。

CONCATENATE: 文字列を別の文字列に結合します。

サンプル

  A B
1 データ  
2 Hello  
3 there  
4    
5    
6 スプレッドシート  
     
8 結果 数式
9 Hello there Sheets =TEXTJOIN(" ", TRUE, A2:A6)
10 Hello there   Sheets =TEXTJOIN(" ", FALSE, A2:A6)
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。